ネコが肺炎になる原因と症状、治し方を覚えておこう

 

ネコの肺炎の症状のひとつに鼻水があります。

 

肺炎は抵抗力が落ちてしまったネコが最もかかりやすい病気と言われています。

 

ネコの肺炎について症状や原因、治療・予防について紹介したいと思います。

ネコの鼻水の原因を自己判断するためではなく、
獣医さんに診察してもらう時にネコの鼻水以外の症状を説明するための参考にしてくださいね。

 

ネコの肺炎のの原因は

ネコが肺炎を単独で発症すると言うことはめったにありません。

 

 

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、細菌や真菌の二次感染の結果
肺炎を引き起こしてしまうことが原因となる場合が多いようです。

 

 

また手術など様々な原因で抵抗力が低下することで、肺炎になることもあるようです。ネコの体内には「日和見菌」と呼ばれる菌が幾つも存在しています。

これらの菌は健康であればまったく害を及ぼさないのですが
抵抗力が低下すると感染症を引き起こす原因になってしまいます。

 

 

他にも誤嚥(ごえん:異物を誤って気道に吸い込んでしまう)や
ほこりや刺激性のガス、薬品などの吸入、さらにアレルギーや肺腫瘍も
肺炎を引き起こす原因になることがあります。

 

鼻水以外の猫の肺炎の症状

  • 呼吸が浅くなること
  • 高熱が何日も続く
  • 食欲の低下
  • 元気がなくなる などが見られます。

一見すると他の気管支系の病気と症状が同じですが、
肺炎の場合には、高熱や呼吸困難、立ち上がったり動いたりできなくなるなど重い症状の場合もあります。

肺の機能は一度低下してしまうと自己修復することが難しいので、
呼吸のリズムが整わず、今までしたことがないようなひどい咳をしているときは
すぐに獣医さんに相談することがおすすめです。

 

猫の肺炎の治療

ネコの肺炎の治療は引き起こした原因に合わせて治し方を変える必要があります。

ウイルス感染によるものであれば抗生物質を投与します。

 

一方、カビが原因であれば抗真菌剤を投与して症状の改善を促します。

ボックス内で薬剤をミスト上にして散布し、
ネコの肺へ届きやすくする「ネブライジング」という治療法も普及してきています。

 

 

あまりに症状が重く、呼吸ができなくなっている場合には、
全身麻酔をかけて肺の薬剤洗浄を行う場合もあります。
ただしこれはネコの体にかなりの負担がかかってしまいます。

 

予防のためにはウイルス系の感染症を防ぐために
定期的なワクチン接種をすることが肺炎の予防になります。

*ネコの肺炎は原因によっては進行が早く重篤な状態になってしまう可能性があります。
症状に気が付いたら、できるだけ早く獣医さんで診察を受けるようにしましょう。