ネコウイルス性鼻気管炎の原因と症状、治し方

 

ネコがかかる病気の中でも、とりわけ感染力が強いとされるのがネコウイルス性鼻気管炎(FVR)です。
別名「猫風邪」や「猫の鼻風邪」とも呼ばれるこの病気は、ヘルペスウイルスによって引き起こされます。

この病気の厄介な点は、感染力が高いことに加えて、完治が非常に難しいことです。

 

では、主にどのような原因で感染するのでしょうか?
発症してしまった場合には、どのように治療するのでしょうか?

 

直接的な接触やくしゃみによる飛沫感染が多い

ネコウイルス性鼻気管炎に感染する主な原因は「猫同士の接触」です。

 

ネコがネコウイルス性鼻気管炎(FVR)に感染している時にくしゃみをしたり、鼻水が出たりしていると
そのくしゃみ・鼻水からウイルス(ヘルペスウイルス)が飛び散って、周囲にいるネコたちが感染してしまうのです。

 

 

くしゃみや鼻水以外にも同じお皿からご飯を食べることで感染したり、
母乳を介して母猫から子猫たちへウイルスが伝染することもあります。

 

ネコウイルス性鼻気管炎(FVR)代表的な症状

鼻水以外によく見られるネコウイルス性鼻気管炎の症状のひとつに「目の異常」があります。

目やにが異常に多くなったり、涙が止まらなくなったりします。

 

子猫の場合は、まぶたがくっついてしまって目が開かなくなることもよくあります。

 

また乾いた咳をしたり、くしゃみが続くことや「食欲がなくなること」場合もあります。

この場合、キャットフードを食べなくなるだけでなく、水もほとんど飲まなくなることが多く見られます。

 

 

子猫や老猫の場合は、病気に加え飲食をしないことから体力が衰えてきちんと歩くことができなってきたり、
さらにひどくなると脱水症状を起こすこともあります。

 

抗ウイルス剤とインターフェロンの併用が一般的な治し方

ネコウイルス性鼻気管炎を治すために用いられるのは、
抗ヘルペスウイルス剤の「ゾビラックス」が多く見られます。

抗ヘルペスウイルス剤の働きはウイルスの増殖を抑えることです。

 

 

抗ヘルペスウイルス剤の投与と同時に、免疫力を高めるため「インターフェロン」の投与を行う…というのが一般的な治し方のようです。

 

私達飼い主がネコにしてあげられることとしては
目や鼻の周りなど、ウイルスが増殖している部位を消毒剤などで定期的に洗ってあげることです。

 

ネコにとってもスッキリすると気分がいいと思いますし、ウイルスを撃退する助けにもなる大切なことです!

 

でも、一番大切なことはネコウイルス性鼻気管炎一度発症すると完治が難しい病気なので、
子猫の内にワクチン接種をきちんと受けさせて予防することです!