ネコの鼻水と歯肉炎・歯周病の関係

ネコが最もかかりやすい病気のひとつに「歯周病」があります。

この歯周病の症状のひとつに鼻水があります。

 

歯周病は多くのネコがかかっていて、

成猫になると少しずつ症状が現れて、

老猫の段階になると

ほぼすべてのネコが罹患していると考えられています。

 

歯周病になってしまう原因とは何でしょうか?

また歯周病の初期症状はどのように見分けることができるでしょうか。

 

スポンサーリンク

ネコの歯周病の原因は歯垢の蓄積

ネコが歯周病になる原因は私達とほぼ同じと考えられています。

食事をすると歯垢が溜まってしまい、

それが時間と共に歯石に変化していきます。

 

その歯石から大量のウイルスが排出されることにで、

歯を支えている歯ぐきや歯根が炎症を起こすしてしまいます。

これが「歯肉炎」です。

 

ネコは自分で歯を磨くことができないので、

歯肉炎が一度発症してしまうとその症状はひたすら悪化し続けます。

 

そして時間の経過とともに歯根が衰えて歯が抜けてしまったり、

あるいは歯ぐきに大量の膿がたまって

強い痛みが出てしまう場合もあります。

 

歯周病の初期症状にはくしゃみや鼻水、強い口臭などがある

ネコの歯周病の初期症状としては、

よだれやくしゃみ、鼻水などがあります。

 

他にも歯ぐきが赤くはれ上がって、出血することもあります。

 

症状が進行してくると、

口臭が非常に強くなったり、

顔全体がむくんだように腫れあがるケースもあるようです。

 

そのまま放置しておくと、

歯が抜けて食事ができなくなるだけでなく、

血液を介して心臓や肺、腎臓などにウイルスが繁殖してしまって、

重い疾患を発症することもあります。

 

なので可能な限り早い段階からケアすることが重要です。

 

愛猫の健康を守るために早い段階からプラークコントロールを!

ネコの歯周病を予防するには子猫の時から

歯磨きの習慣をつけるようにすることが大切です。

 

ネコ専用の歯ブラシで、定期的に歯磨きをして歯垢を取ってあげましょう。

 

慣れないうちはガーゼなどで拭きとるようにするのも効果的です。

まずは口の中を触られることに慣らしていくことで

歯磨きにも慣れてくれます。


もしくしゃみや鼻水が頻繁に出るようになったなら、

歯ぐきの状態と口臭をチェックしてみてください。

 

歯ぐきが腫れていて、

きつい匂いがするようなら、歯周病の可能性があります。

できるだけ早く獣医さんへ相談することがおすすめです。

 

スポンサーリンク