そのネコの鼻水の原因はエアコンでクーラー病かも!最適な温度は?

今年の夏はかなりお世話になったエアコン。

スーパー猛暑で気温が30度以上の日や台風でジメジメ室温が高く
熱中症対策としてクーラーをつけっぱなしにしてた家庭も多いと思います。

でも、熱中症予防のためにエアコンをかけて
快適な温度にしているのに

鼻水をたらしたり、
なんか元気がない…という時は
もしかしたらクーラー病かもしれません

 

スポンサーリンク

ネコのクーラー病って?

人間でも夏の日に暑い外気温とエアコンのきいた涼しい室温との温度変化で
体がだるくなったり、頭が痛くなったり、下痢になった…というクーラー病にかかることも少なくありません。

クーラー病にかかってしまう原因は
エアコンで室内を冷やし過ぎたり、
直接エアコンの風が身体に当たることによって
身体を冷やしてしまうなど

外気温と室内温度の差が激しいことで起こる
自律神経の乱れです。

そして実はネコはクーラー病にかかりやすいと言われています。

 

 

ネコの鼻水の原因クーラー病にかかりやすい原因は?

ネコがクーラー病にかかりやすい原因は

  • エアコンの設定温度
  • 空気が乾燥している

この2つが考えられます。

 

基本的に私たち人間よりもネコの生活場所は低い位置です。
人間より床との距離が近いですよね?
フローリングなの床は冷えやすいので
キャットタワーなど高い場所でくつろげるお気に入りの場所がなければ
人間が適温♪快適♪と感じる温度だとネコの体が冷え過ぎちゃう場合があります。

 

また、エアコンをつけていると
気になってくるのが空気の乾燥!!

人間も空気が乾燥すると気管支をいためますが
ネコも同じで気管支を傷めてしまうので注意が必要です。

 

ネコのクーラー病の症状は風邪に似てる

ネコがクーラー病にかかるとどんな症状がでるのかチェックしてみましょう。
早めにクーラー病の症状を知っておくと
早期治療やクーラー病の対策ができるのでおすすめです!

ネコのクーラー病の初期は風邪と似ている

  • くしゃみ
  • 鼻水

特に「カッカッカッ」というような感じの軽い咳が特徴です。
鼻水も透明で水っぱなみたいな感じ。

咳やくしゃみを繰り返したり、鼻水も多くでるので
風邪かな?と思うような症状です

でも、放置しているとだんだんと悪化していき
吐いたり(おう吐)や下痢を繰り返したりします。

ネコのクーラー病が悪化すると危険!

ネコのクーラー病に気が付かずに
風邪かな?自然に治るだろう…とそのままにしておくと
症状が悪化してしまい

  • 苦しそうに呼吸をする
  • よだれが頻繁にたれる
  • 血を吐く

というような症状になってしまったり

気管支炎や肺炎などの呼吸系の病気を発症してしまう可能性もあります。

 

特に喘息になった場合には、
長期の治療が必要になったり、完治しないケースもあるので
ネコの鼻水やくしゃみ・咳に気が付いたら
できるだけ早く受診することがおすすめです。

 

ネコをクーラー病にしないための3つの対処法

ネコをクーラー病にしないために
おすすめの3つの対処法があるので紹介しますね。

 

空気の入れ替えをする

エアコンをつけている時でも
室内温度の冷え過ぎを防いだり、空気の乾燥を防ぐためにも
窓を開けて空気の入れ替えをすることがおすすめです。

 

できれば1時間に1回の割合での空気の入れ替えがおすすめですが
2、3時間おきでも空気の入れ替えをしましょう!

 

お留守番の時には脱走防止・泥棒対策をした上で
小さな小窓を少しだけ開けておくこともアリだと思います。

 

エアコンの温度設定

夏にネコが快適に過ごせる温度は26~29℃ぐらいと言われています
人間が感じる快適な夏のエアコンの温度よりも少し(2~3℃)高めです。

ネコが快適な温度設定にしておくことがおすすめ。
(我が家は27~28℃設定です)

 

でも、ネコの快適温度にしているのに
鼻水や咳・くしゃみなど風邪やクーラー病の症状がでるんだけど?という場合には
床の温度をチェックしてみてください。

 

冷気は床にたまりやすいので
もしかすると、ネコにとっては冷え過ぎの可能性もあります。

床に温度計を置いて、時々チェックしたり、
ネコが自分にとって快適な温度の場所を探せるように
キャットタワーなど高い場所に行けるようにしたり、
部屋のドアを開けておいて別の部屋に移動できるようにするのもおすすめです。

 

エアコン風が直接当たらないようにする

エアコンの冷たい風がネコに直接あたっていると
体温を奪ってしまうケースもあるので
できるだけ直接ネコにあたらないように風向きや風量に気をつけましょう。

他にも扇風機(サーキュレーター)を使って
エアコンの冷たい風を部屋全体に循環させることもおすすめです。

 

まとめ

暑い日にはネコも人間も熱中症予防が必要ですよね!
でも、エアコンで冷やしすぎても
吐いたり、下痢・鼻水が出たり
クーラー病や風邪なども心配ですし…。

ネコにとっても人間にとっても
快適に過ごせるように工夫していきましょう!

スポンサーリンク