エサや毛玉をよく吐くネコ用にキャットフードを選ぶ3つの基準

ネコは比較的よく吐く動物です。
病気でもないのに吐くネコは多くいて、
たいていの場合の原因は毛玉やエサに関係しているようです。

 

人間にしたらネコが吐いたら
体調が気になったり
吐いた後の掃除が気になったりします。

 

 

 

実はネコが毛玉やエサを吐くことよりも心配なのは
吐きたくても吐けない…という場合です。
ネコの健康面がより心配な状態の可能性があります。

 

でも、ネコがキャットフードを頻繁に吐く場合は
食べているキャットフードが合わない可能性があるので、
ネコに合うキャットフードを選び直すことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

よく吐くネコ用にキャットフードを選ぶ基準

あくまでも目安として
よく吐くネコ用にキャットフードを選ぶ基準について紹介したいと思います。

1:脂質の量

私達人間でも油っぽい食事を食べると胃もたれを起こしたり
食べ過ぎると気持ち悪くなる方もいると思います。

その場合、人間だと胃薬を飲んだり、油ものを控えたり…と自分で調整ができますが

飼われているネコの場合、飼い主が与えるキャットフードやおやつしか食べ物の選択肢がありません。

私達飼い主がネコにとって合う食事をあげるように気をつけないといけません。

 

 

成猫に適正と言われている脂質の量は15~20%程度です。
でも、その量も目安としての適性量で個体差や年齢差があります。

現時点でネコが食べているキャットフードの脂質量を確認して
10~20%ぐらいで脂質量の少ないものに少しずつ切り替えていくことで
そのネコにとっての適正な脂質量が分かってきて、エサを吐き戻すことも減ってくると思います。

 

2:アレルゲン

ネコがキャットフードを吐く理由のひとつにアレルギーがあります。

 

ネコにとって穀類は消化することが難しく
ネコがキャットフードを食べた後に定期的に吐く場合には
食物アレルギーの可能性があり、穀物がアレルゲンになっている可能性があります。

 

 

人間にとって穀物は主食ですが、
ネコにとっての主食は動物性タンパク質です。
(ネコは雑食動物ではなく、肉食動物です)

 

なので、食物アレルギーの可能性があり、
頻繁に吐くネコのキャットフードを選ぶ場合には
グレインフリー(穀類不使用)やお米を使っているキャットフードなど
消化がしやすいようになっているキャットフードを選ぶことがおすすめです。

 

3:高たんぱく質

先ほども書いたようにネコは肉食動物です。
ネコが健康的に生活していくためには
動物性たんぱく質がメインになっているキャットフードを選ぶことがおすすめです。

 

動物性タンパク質がメインになっているキャットフードの場合
消化・吸収がよく満足感が得られるので
ガッツいてキャットフードを食べて吐くというパターンが減ると思います。

 

それに、満足感があるということは
必要以上に食べなくなるので肥満予防にもいいと思います。

 

よくキャットフードを吐くネコ用のキャットフードを選ぶ基準は上記の3つです。
それほど吐かないネコでも健康面を考えると
上記の基準でキャットフードを選ぶことがおすすめですよ。

 

まとめ

せっかく縁あって一緒に暮らしている大切で可愛い愛猫
いつまでも元気で長生きて欲しいですよね。

 

関連記事:食いつきと安全性から考えたおすすめキャットフード

スポンサーリンク