キャットフードをネコが吐く原因と対策

美味しそうにネコがキャットフードを食べている姿って和みますよね~♪
ドライフードの時には人間では出せないような美味しそうな音を聞かせてもらえますし…。
(音が出せるか試してみましたがダメでした)

でも、数分後に突然吐く、そしてケロっとして遊びだしたり普段と変わらず行動している…
なんてことネコを飼っているとよく見かけませんか?

『病気でもなさそうだし…なんで吐くんだろう、本当に大丈夫?』
飼い主にしたら心配ですし、不思議ですよね!
今回はネコが元気なのでキャットフードを吐く原因と簡単にできる対策をまとめて紹介します。

[getpost id=”1435″]

健康なネコがキャットフードを吐く原因

あまりによくキャットフードを吐くから
心配になって病院に連れて行ったけど
「健康ですよ!」と言われた。という話を耳にしたりしませんか?

獣医さんに健康と太鼓判を押してもらえたら安心ですが
どうしてキャットフードを吐くのか気になりますよね!

 

健康なネコがキャットフードを吐く原因は?

ネコが吐いたら、まず飼い主がすることは【大丈夫なおう吐か危険なおう吐か見極める】ことです。

吐かれた場所によっては大慌てでネコが吐いた物の後片付けをしないといけないですが
とりあえず、状況と嘔吐物の内容とネコの状態を見て判断しましょう!

  • 急いでガツガツ食べた
  • 食べ過ぎた
  • お腹が空きすぎた
  • キャットフードの粒が大きい
  • アレルギー
  • 現在のキャットフードが合わない
  • 毛玉を吐きたい

ネコがキャットフードを吐く原因としては上記のことが多く見られます。

 

どの場合でも吐いた後のネコの様子は
ケロっとしてて、普段と変わりなく元気だと思います。

いわゆるネコあるあるで言われているような
ネコと暮らしているとよく起きる出来事です。

 

ネコがキャットフードを吐くことの対策

ネコがキャットフードを吐かないようにするために
私たち飼い主ができる対策があるので紹介します。

急いで食べたり、食べ過ぎ、お腹が空きすぎてて吐く場合

ネコがキャットフードを吐く原因が
急いでガツガツ食べたことや食べ過ぎで消化不良の場合には

1回にキャットフードをあげる量を少し減らして食事の回数を増やしてみることがおすすめ

急いで食べたり、食べ過ぎたりという場合には
消化不良が原因になっていると考えられます。

また、お腹が空きすぎて吐く場合には
キャットフードなどの固形物は出てこず、液体だけ吐きます。

対策:1回にあげる量を減らす。
*1日にあげるキャットフードの総量は変えないで回数を増やす

 

関連記事

ネコが毎朝吐く、病院でも異常なしで元気なんだけど大丈夫なの?
ネコが吐いたものの色で分かる吐く理由と症状

キャットフードの粒の大きさが大きすぎて吐く場合

ネコの食べ方の基本はまる飲み。
たまにカリカリと噛んだりしていますが
それ程多くはありません。

なのでドライフード(カリカリ)の粒の大きさが
ネコにとって大きすぎるとのどに詰まらせたり
飲み込めないために吐いていると思われます。

対策:キャットフードの粒を砕いて小さくするか小粒のキャットフードに変える
*個人的には口どけのいい小粒のキャットフードがおすすめです。

正直、粒を砕くのはネコの好みの大きさとかもあったり
ネコによっては嫌う場合もあるので
一番のおすすめは粒の小さめのキャットフードに変更することです。

 

 

キャットフードが合わないから吐く場合(アレルギーなど)

ネコにとって穀物は消化しづらいものだったりアレルギーの原因になる穀物もあります。
個人的には完全に穀物のないものより、アレルギーの原因になるグルテンが入っていないグルテンフリーで少量の穀物が入っているものが室内飼いのネコにはおすすめです。

また、コーティングされている油や脂質が合わないとか、
添加物がネコに合わない、
年齢に合わないキャットフードだったとかなどもあります。

対策:ネコの年齢に合った穀物メインになっているキャットフードを避ける。
アレルギーの可能性がある場合には、アレルゲンが入っていないキャットフードに変える
*グルテンフリーのキャットフードがおすすめ。

関連記事:ネコが餌変えたら吐くようになったのはアレルギーが原因かも?

 

 

毛玉を吐きたい場合

ネコが毛づくろい(グルーミング)をする時に一緒に毛を飲み込んでしまい
胃の中で毛玉になり、キャットフードと一緒に吐くということがあります。

毛玉がネコの体の中から排出されないと毛球症や胃炎の原因になってしまうので吐くことには問題ありませんが
あまり頻繁に吐くと胃炎やおう吐が原因で脱水してしまう可能性もあるので対策はした方がいいと思います。

対策:こまめなブラッシングや毛球対応キャットフードに変更するなど

関連記事:ネコと毛玉と吐くことの関係

キャットフードを一気に変えた

キャットフードを変える時には徐々に変更してあげることがおすすめです。
もし一気にいつものキャットフードから新しいキャットフードに変えるとネコの胃が対応できずに吐く場合があります。

対策:徐々にキャットフードに変える

ネコが吐かないキャットフードはある?

結論をいうと、ネコが全く吐かなくなるキャットフードは残念ですがありません。
でも、ネコの負担を減らして吐く予防になるんじゃないかな?と思うキャットフードはあります。

  • 小粒で口どけのいい
  • 添加物が入っていない
  • グルテンフリー(もしくは穀物を一切使っていないグレインフリー)

この3つを兼ね備えたキャットフードがネコにとって負担が少なく吐く予防にもなるんじゃないかと思います。

上記の3つの条件を満たしているキャットフードに変更しても
吐く時には吐いてしまいますが、
喉に詰まったり、消化不良、合わないなどの原因を取り除くことはできそうですよね。

 

もしネコがキャットフードを頻繁に吐いたり、吐いた後に元気がなくぐったりしているという場合には
動物病院に連れて行って診察を受けた方がいいかもしれません。

その場合には嘔吐物の色や内容、タイミングなど獣医さんに説明できると診察の参考になるのでメモしておくと良いと思います。