ネコが寒さでフードをはかないために温めてみよう♪

 

・寒い季節になったらネコがキャットフードを吐く回数が多くなった
・うちのネコは7歳以上のシニア猫だ

この2つが当てはまるネコの場合
寒くなってきたらいつものキャットフードに
“温める”ひと手間加えることがおすすめです。

 

寒い季節にネコがフードを吐く理由

暖かい季節にはキャットフードを吐かなかったのに
寒くなってきたらキャットフードを吐くようになるのはどうして?
と、不思議に思いますよね。

 

理由は【冷たいから】なんです。

 

私たち人間でも寒い季節に寒い場所で冷たいものを食べると
胃がキューっとしたりしませんか?

 

 

ずっと寒い場所で冷たいものばかり食べていると
胃痛や腹痛の原因や体調不良の原因にもなりますよね。

 

それと同じことで
ネコも冷たいものを食べると胃に負担をかけてしまって

 

寒い場所で冷たいキャットフードを食べる

胃を刺激する・負担になる

キャットフードを吐く

お腹が空く

寒い場所で冷たいキャットフードを食べる…

 

といったスパイアラルになってしまう可能性があります。

 

 

全てのネコが寒い場所で冷たいキャットフードを食べたら吐くという訳ではありませんが
7歳以上のシニア猫(高齢猫)に多くみられます

寒い季節にネコがキャットフードを吐かないためには
温めて与えることがおすすめです。

 

キャットフードの温め方

キャットフードの温め方がいくつかあるので紹介します。

ウエットフードの温め方

1、電子レンジであたためる

ウエットフードを温める時には一番手軽な方法です。

お皿に移し替えて、500w15~20秒程度温めると
ちょうどいい温かさ(38~39度)になると思います。

 

15~20秒って、温かくなるの?と思うかもしれませんが
1分レンジにかけてしまうと、
キャットフードがグツグツ煮立ってる状態になってしまいます。

 

また、レンジに金属はNGなので
パウチや缶からは必ず出してレンジにかけてくださいね。

 

2、湯せんであたためる

正直言って面倒くさいですが、湯せんもウエットフードを温める時にはおすすめです。

お湯を適温沸かして、ネコにあげる量をラップやジップロックなどに入れて湯せんすると
ちょうど人肌ぐらいの調節ができます。

 

湯せんから取り出す時には
キャットフードを入れている容器が熱くなっていると思うので
やけどに注意してくださいね。

 

パウチの場合にはお湯で手が滑っていつものように手でパッと切ることができないかもしれないので
ハサミで開封するとサッとあげることができます。

 

ドライフードを温め方

1、ふやかす

お湯や温かいミルクを少量かけて
ドライフードをふやかして与える方法です。

歯が弱いネコやシニア猫(高齢猫)には特におすすめです。

 

2、温かいウエットフードをかける

温めたウエットフードをドライフードの上からかける方法です。

ウエットフードはドライフードよりも嗜好性が高いので
大喜びで食べてくれると思います。

 

でも、毎回これを要求される可能性も高くなります。

 

キャットフードを温める時に気をつけたいこと

キャットフードを温めることで
寒い季節にネコがフードを吐くことが予防できるのですが
いくつか気をつけたいことがあります。

電子レンジの中を清潔にする

私のようにズボラじゃない方でも
電子レンジの中って意外と掃除をサボることがあると思います。

 

 

誰かに直接見られる場所でもないですし、
掃除をサボっても温めることはできるから仕方ないですよね!

 

でも、キャットフードを温める時には
なるべく清潔にしておくのがおすすめです。

 

 

人間の食べ物のカスや油汚れが多いと
キャットフードを温める時にニオイが移ってしまうことがあり
移ってしまったニオイをネコが嫌がって食べなくなる可能性もあります。

 

キャットフードを温める時には清潔なレンジがおすすめです。

 

キャットフードの温度に注意!

温め過ぎには注意が必要です!

私の体験ですが、以前もう少し温めた方が良いんじゃない?と思って30秒近く温めたら
温め過ぎたようでキャットフードを前にしたネコに
「これ!熱すぎて食べられないんですけど?(怒)」といった感じで抗議されました。
くれぐれも温めすぎには注意してください。

 

また、お腹が空いている時だったら
少々熱いキャットフードでも関係ない!と食べようとするネコもいるので
口の中をやけどしてしまう可能性もあります。

 

ネコに与える前にはキャットフードをかき混ぜて
熱すぎないか唇や指などでチェックすること安心して食べてもらえますね。

 

できればお皿も温めよう!

温めたキャットフードを入れたお皿が冷たいと
せっかく温めたキャットフードも冷たくなるのが早いです。

 

キャットフードを入れる前に
お湯を入れたりしてお皿を温めておくこともおすすめです。