ネコが餌変えたら吐くようになったのはアレルギーが原因かも?

 

今までフードを吐いたことがなかったのに、
毎日食べるキャットフードを変えた途端吐くようになったんだけど、なんで?と困ってる飼い主さんは少なくないと思います。

スポンサーリンク

ネコにも急増!食物アレルギー

昔は聞かなかったネコの食物アレルギーですが
最近は飼い猫の中に食物アレルギーのコが増えてきています。

 

人間ではよく食物アレルギーのことを聞きますよね。
私は塩素系にアレルギー反応が出ます。
水道水とかのカルキに反応して蕁麻疹とかゆみが出ます。
塩素系洗剤とかはニオイだけで体調が悪くなります。
あと、マンゴーなど甘味の強い果物を食べると耳の奥が痒くなります。

 

アレルギーとは、体にある免疫が敵とみなした物質を攻撃し、それに反応して体が防御反応を起こすものです。
ネコの食物アレルギーは食べ物に含まれている特定の成分に対してアレルギー反応を起こし蕁麻疹が出たり、吐いたり下痢をしたりします。

 

ネコが食物アレルギーを発症させるの生後半年以降からが多く見られます。
なかには、3か月ぐらいで発症することもあるようです。
また、避妊・去勢手術をした後にホルモンバランスが崩れ、それが原因で食物アレルギーを発症させるネコもいます。

 

ネコが食物アレルギーを発症する年齢は
生後半年や1歳、3歳と言われていますがあくまでも目安で人間と同じように様々な年齢で発症しています。

IMG_0472

ネコの食物アレルギーの原因になりやすい食べ物とは?

食物アレルギーを発症する原因となるのは主にタンパク質です。
肉・魚・穀類に含まれるたんぱく質がアレルギーを発症させる主な物質の場合が多く見られます。

 

肉・魚・穀類に含まれるたんぱく質や穀類自体がアレルゲンとなる可能性があります。

消化吸収がしっかりとできていない場合や免疫力が低下していると発症しやすくなります。

 

他にも同じ食べ物を長期間食べ続けることでも食物アレルギーを発症しやすくなります。

 

 

また、ネコはキャットフードによく使われている穀類を消化することが苦手です。そのためアレルギーを発症する場合もあります。
(すべてのネコに必ずアレルギーが出るということではありません)

 

 

しかし、実際には、ネコが食物アレルギーになる原因はまだはっきりとは特定されていません。

 

 

上記の原因以外にはヒスタミンを高濃度で摂取した時に消化官の粘膜を傷つけたことでアレルゲンの異常吸収が起こり、アレルギーの発症になるのではないかとも考えれています。

 

2015年ドイツ ミュンヘンにあるルートヴィヒ・マクシミリアン大学が78匹のネコで行ったネコにアレルギーを引き起こす食べ物の研究結果を見ると
ネコがアレルギーを引き起こす食べ物は

牛肉…18%(14匹)
魚  17%(13匹)
鶏肉…5%(4匹)
小麦…5%(3匹)
トウモロコシ…5%(3匹)
乳製品…5%(3匹)
子羊…3%(2匹)
という結果が出ています。
参照:Critically appraised topic on adverse food reactions of companion animals (2): common food allergen sources in dogs and cats

ただし、この研究は食材を与えるのを止めたら症状がどうなったのかなどの確認がされていません。
全てのネコに当てはめることはできないと思いますが、参考にはできるのではないかと思います。

 

ネコの食物アレルギーの症状

ネコが食物アレルギーになった時によく見られるのは皮膚炎・かゆみ・下痢・吐くなどです。

体に痒みがあることから
・引っかいたり
・なめたり することが多く見られると思います。

口元や目の周辺に赤みがあり、よく体を掻いたり、
原因不明のおう吐や下痢が続き治らない場合には食物アレルギーの可能性があります。

 

 

ネコが食物アレルギーを発症したらどうするか?

どんな治療をするの?

食物アレルギーを発症した可能性が高い場合には、
食物アレルギー専用のキャットフードを試してみることがおすすめです。

なんの食材がアレルゲンになっているのか普段食べているキャットフードのパッケージを見て確認してみましょう。

アレルゲンとなっている食材が分かったら普段の食事からその食材を取り除いていきます。
中耳炎や膿皮症になってしまっている場合には、投薬治療で抗生物質や抗真菌薬をつかって治療します。

 

キャットフードはどんなものを選んだらいいの?

ネコが食物アレルギーで吐くなどの症状を見せている場合には
普段食べているキャットフードを変えなければいけません。

 

 

もしかしたら新しいキャットフードに変えたばかりかもしれませんが、
アレルギー治療用のキャットフードに変えることがおすすめです。

 

 

選ぶ時には、アレルゲンとなっている食材が含まれないものを選んでください。

 

ネコによって好みがあって色々と対応が大変な療法食ですが
獣医さんと相談しながらネコの症状に合わせて選ぶことでアレルギー反応を避けることができます。

関連記事:食いつきと安全性から考えたおすすめキャットフード

スポンサーリンク