ネコが吐いた!大丈夫か危険か見極めよう!判断の目安とチェックリスト

ネコが吐くことはよくあること
我が家でもしょっちゅう吐かれています…。

しかも場所を転々としながら吐くという行動をされるので
ちょっと困りものです…。

このようにネコは本当によく吐きます!

もしかしてネコが吐くことに慣れてしまっていませんか?
ネコが吐くという行動には「大丈夫な吐く」病気のサインの「危険な吐く」があります。
しっかり見極めて大切な愛猫の健康を守りましょう!!

 

スポンサーリンク

ネコが吐いたけど様子見をしても大丈夫な場合

ネコが吐いても必ず病気になっているという訳でもありません。
吐いた後、すぐに動物病院に行かずに
吐いた後にいつもと変わらなかたり、元気がある、食欲がある場合
様子を見ていても大丈夫なケースは以下ような状況の時です。

 

勢いよくガッツいて食べて吐いた

お腹が空いていたり、食欲が旺盛なネコの場合
勢いよくガツガツとガッツいて食べた後すぐに吐くことがあります。

この場合食後すぐに吐いています。
さらに吐いた物も食べてしまおうとすることもあります。
(実際に食べることもあります)

このケースのネコが吐いた理由は
慌てて食べたり、食べ過ぎたりしたために吐いただけです。

嘔吐物を見るとキャットフードが未消化のままという事や
ニオイはキャットフードのニオイそのままの場合が多く見られます。

 

ネコが白い泡・黄色の液体を吐いた

朝によく吐くネコの場合、このケースが多く見られます。
白い泡(液体)や黄色の液体を吐いていませんか?

このケースのネコが吐いた理由はお腹が空きすぎたためネコが吐いている可能性が高いです。
胃が空っぽなので胃液や胆汁が逆流してきていると考えられます。

色別吐いた液体の種類
白い泡(液体) …胃液
黄色い液体 …胆汁

 

食事の回数が少ないため起きることが多い吐く行動なので
1日に与えるキャットフードの総量は同じで
食事の回数をを増やし、食事と食事の間の時間をあまり開けないようにすることがおすすめです。

上記のように対策したのにまだ白い泡(液体)や黄色の液体を吐く場合には獣医さんに相談してみてくださいね。

 

ネコ草を吐く

ネコ草を食べてから吐くということも少なくありません。

ネコは吐き気がする時や胃酸過多などで胸やけを起こしたときに
ネコ草の刺激で胃にある余分な食べ物や胃酸を吐きだすことがあります。

これは生理現象ともいえる吐く行動なので様子を見ても大丈夫ですが
あまり繰り返すようでしたら動物病院に行くことがおすすめです。

また、部屋の中にある植物や野菜にはネコが食べると危険な植物もあるので
注意してくださいね。

 

ネコが毛玉を吐く

グルーミングで飲み込んだ毛の塊を吐きだすことがあります。
吐く時にかなり苦しそうにしたり、
なんだかすごい塊を吐き出す場合もありますが
悪いことではありません。

でも、あまり頻繁に毛玉を吐くようだと
脱水や胃炎を引き起こす可能性もあります。

 

ブラッシングをしてあげたり
キャットフードで毛玉対策用など抜けて飲み込んだ毛が
便と一緒に排出されるようにケアしてあげてください。

 

 

危険な吐く!できるだけ早く動物病院に行こう!

以下のようなネコが吐く行動には病気のサインの可能性があります。
危険なサインを見逃さずに見つけたら動物病院に行くようにしましょう!

 

何度も繰り返し吐いている

繰り返して何度も吐いている場合には
消化器系の病気や異物誤飲、毒物による中毒、ウイルス性感染症の可能性があります。
また、慢性的に吐いたり下痢をしたりしている場合にはIBD(炎症腸炎)のサインの場合もあります。

 

腹痛がある

ネコの腹痛のサインは背中を丸め苦しそうにうずくまっている様子です。
このサインを見逃さないようにしましょう。

 

吐いた物の中に血がある!

吐いた物の色が茶色やピンクなど血が混じっている場合には口の中からの出血や内臓からの出血の可能性があります。

 

下痢・発熱・ふるえ(痙攣)などがある

ネコが吐く以外にも下痢や発熱、震え(痙攣)等の症状がある場合には
緊急性が高くなります!

特に外出を自由にしているネコなど外から帰ってきて
吐いたり下痢や発熱、痙攣など激しい症状の場合には除草剤や殺虫剤が知らない内に毛について、
それをグルーミングしたため化学物質原因の中毒を起こしている可能性があります。

 

ネコが吐いた物から異物や虫が出てきた

ネコが吐いた物からキャットフードや食べたもの以外のものが出てきた場合には
誤食した可能性があり、最悪の場合開腹手術で取り出さないといけないケースもあります。

 

ネコが吐いた物からウンチのニオイがする

ネコの嘔吐物のニオイがいつもと違って排泄物(ウンチ)の臭いがしたら
腸閉塞を起こしている可能性があります。

ひどい便秘や異物がネコの腸に詰まっているため
食べたものが大腸に流れなくなっている可能性があります。

 

上記のサインが吐く以外に見られた場合には
危険な吐くの可能性があります。

できるだけ早く動物病院に行くようにしましょう!

 

 

動物病院で受診する時に役立つチェックリスト

ネコが吐いた時の様子やおう吐物の内容などをチェックしておくと
動物病院を受診する時に獣医さんに説明しやすく、
獣医さんにとっても診断の助けになります。

ネコが吐いた時にチェックしておきたことをリストにしたので参考にしてもらえると嬉しいです。

ネコが吐いた時のチェックリスト
吐いた回数は?
(1回だけ・3回など)
吐いた時の様子は?
(キャットフードをガッツいた後すぐに吐いた・朝に吐いたなど)
キャットフードを食べたあとどれぐらいで吐いたか?
(5分、3時間などだいたいの目安の時間)
何を吐いたか?
(嘔吐物の内容:キャットフードを未消化・毛玉・虫・異物・血)
吐いた後の様子は?
(苦しそうにうずくまっている・元気に走り回っていたなど)
吐く以外に何か症状はある?
(下痢や腹痛、震えなど)
何か異物を食べたり、中毒性のものを食べた可能性は?
(外出から帰ってきてすぐに吐いたなど)

 

 

ネコが吐いた時にいつもと違う様子があれば
ためらわずに動物病院で診察を受けることがおすすめです。
診察結果が【 健康 】だったら安心できますよね!

スポンサーリンク