ネコが毎日吐く理由は?疑われる病気と対処法

ネコはよく吐く動物だと言われても、毎日ネコが吐くとさすがに心配ですよね。

月に1~2回程度ぐらい毛玉を吐くなら自然ですが、
毎日食べたものや胃液を吐いているということは何か吐く原因があるのかもしれませんね。

 

 

ネコが吐くのは当たり前と言われていますが、
実はネコの吐く行動には体調が悪かったり、病気にかかっているサインということもあります。

いつものことだからといっておう吐物を片づけて終了ということはせずに、
しっかりとチェックをして病気のサインを見逃さないようにしましょう。

ネコが毎日吐く理由はなに?

ネコが毎日吐くということは病気のサインの場合が多いです。
ネコが吐く理由とかかっている可能性のある病気について紹介します・

吐く理由を知るためにチェックしておきたいこと

  • 吐くタイミング
    いつネコが吐いているのかタイミングをチェックします。
    朝起きて・食事の最中・食べてすぐ・食べて数時間経って・特定のタイミングがないなどおう吐するタイミングをチェックしましょう。
  • 吐き方はどんな風にはいているのか?
    胃液や胃の中のものを吐いている
    食べたものが胃までいかずに吐いている・激しくおう吐している、咳のに吐いている、吐こうとしているけど吐けないなどネコの吐き方は色々とあります。
  • おう吐物はどうですか?
    血が混じっている・液体だけ・キャットフードが丸ごと出てきた・ドロドロとしたもの・毛玉・虫・異物などおう吐物に何が入っていたのか確認しましょう。
  • また吐く以外に普段と変わった様子はありませんか?吐く以外にも下痢や便秘、発熱を伴っている場合があります。そんな時は病気の可能性が高くなります。

ネコが吐くタイミングやおう吐物の内容、吐き方によってある程度かかっている可能性がある病気や理由が分かります。

ネコが毎日吐く時に考えられる病気

消化器系の病気
食事をした後に吐いて食欲がない場合には消化器系の病気の疑いがあります。
胃腸炎・食道炎・腸閉塞などの病気にかかっていることが多く見られます。

 

食べてすぐに吐く場合には胃腸炎・食道炎
食べて数時間経ってから吐く場合には腸閉塞の可能性があります。

腸閉塞の場合にはおう吐したものから便のようなニオイがすることがあります。

 

 

寄生虫
お腹の中に回虫・条虫などが寄生している可能性が疑われます。
吐くこと以外にも下痢や食欲がないことが多く見られます。

子猫は特に寄生虫が吐く理由になっていることが多く発育も悪くなります。

 

 

泌尿器系の病気
尿毒症を起こした時に吐くことが多く、
おしっこの量や回数がいつもと比べて多くなっている場合には腎臓系の病気
逆におしっこが出ない場合には下部尿路疾患の可能性があります。

吐いておしっこの回数や量に変化が見られる、体重が減ったなどの症状があります。

 

 

肝臓や膵臓
ぽっちゃり気味のネコが吐く時には肝臓や膵臓の病気の可能性があります。

目や口の中の粘膜に黄疸が出たり、だるそうに毎日寝てばかりいるようになったり、下痢をしているなどの症状も見られる時には肝炎や脂肪肝

食べなくなった・体重が減ったなどの症状も見られる場合には膵炎などの膵臓の病気の可能性があります。
膵炎は他の臓器の病気を併発させることが多く、また気が付きにくいので注意しましょう

 

 

糖尿病
こちらもぽっちゃり気味のネコがかかることが多く見られます。
おしっこの回数が増えたり、フードを早食い・体重の減少などの症状が吐く以外にも見られます。

腎臓の病気の症状と似た症状なので、素人目には分かりずらいです。

 

 

その他ネコが毎日吐く理由として考えられることは
伝染病。ウイルス系の病気、ストレスなど、子宮の病気、腫瘍(腸の辺りのリンパなど)の病気の可能性があります。

 

吐く&おしっこの回数(多い場合と少ない場合があります)・下痢(便秘)・食欲がなくなる・体重の減少・太っている

上記のように吐く以外にこのような症状がある場合には
病気の可能性が高くなります。

病院に行くことを先延ばしにしていると、腎不全や糖尿病のように一生病気と付き合っていかなければいけない、自宅でもケアをする必要が出てくることや命に関わってくることがあります。

ネコが吐かないように予防策

毎日吐くことは病気じゃなくてもネコの体に負担がかかり、胃腸や食道に炎症を起こしてしまいます。吐く以外の症状がなく、吐いた後も元気で食欲がある場合には食事の内容や量・回数を見直すことだけで毎日吐くことを予防することができます。

食事の量と回数

ネコが吐く時の原因として考えられる時にはキャットフードの量と回数、おやつを見直してみましょう。

食後に吐く・食べたものがそのまま出ている場合
この場合には食べ過ぎや早食いが原因のことがあるので
1回の食事の量を少し減らしその分食事の回数を増やすことがおすすめです。

食事以外にもおやつを挙げている時にはおやつの量を少し控えめにしてあげてください。

 

朝起きて空腹時吐く・黄色い液体や透明な(白っぽい)液体や泡を吐く場合

この場合にはお腹が空きすぎていることが原因で吐いていると考えられます。

1日のキャットフードの量は同じで食事の間隔をもう少し短めにすることがおすすめです。

夕方に食事の時間があって、翌朝に次の食事をしている場合には
寝る前に少しだけ夜食をあげてもいいと思います。
空腹の時間を短くすることがポイントです。

 

キャットフードに吐く理由がある

食事の回数や量を調整してもまだ吐くようでしたら、食べているキャットフードに原因がある可能性もあります。

 

人間にも合わない、アレルギーを起こす食べ物があるようにネコにもアレルギー源になる食べ物があります

もしかするとキャットフードに入っている材料、添加物や成分が合わなくて吐いているのかもしれませんし、年齢に合わないキャットフードかもしれません。

キャットフードを選ぶ時には

  • 添加物ができるだけ少ないもの(できれば無添加がおすすめ)
  • 年齢(対象年齢にあっていますか?老猫なのに若いネコ用のキャットフードだと胃腸に負担がかかります)
  • 第一原材料(動物性たんぱく質が第一原材料かどうかを確認してください)

以上の3つの点を確認してください。

 

ネコが毎日吐く時の食事内容のおすすめ

ネコが毎日吐いている時には病気の可能性が高いので病院に行くことが一番のおすすめですが、
食欲もあって、他の症状もなく吐いた後もいつも通り元気という時には少し様子を見てもいいと思います。

 

でも、毎日吐くとそれだけて胃腸や食道に負担がかかっているので
できるだけ安静にして胃腸も休めてあげてください。

 

吐いた後、最低でも2、3時間は食べ物は与えないようにして、
水を与える場合には少し温めて少量ずつあげてください。

その後の食事は柔らかく消化にいいものを与えて様子をみてください。
柔らかくしたお粥を混ぜたり、カリカリを食べている時には少しふやかしたりすることもおすすめです。

 

ポイントは安静と胃腸を刺激しないようにすることです。

 

ネコの吐き気を抑えるツボがある

ネコが原因不明で毎日吐いていると心配でとりあえず何か吐くことを止める方法を探すと思います。
その時に試して欲しいのがツボです。

 

ネコにもツボがあるのでそこを刺激してみてください
刺激する強さはネコが気持ちいい程度(軽く)で嫌がる場合にはやめて上げください。

 

足三里(あしさんり)
ネコの後ろ足の膝の裏側で消化器などに効果が期待できる

 

三陰交(さんいんこう)
ネコの後ろ足の膝の下側の内で肝臓・腎臓・脾臓に関する気が通る経路です

 

胃兪(いゆ)
しっぽの付け根から背骨を頭に向かって触っていったときの一番最初肋間の背骨の両側

 

脾兪(ひゆ)
背骨の両側にあり、背骨のしっぽから数えて2番目と3番目の骨の間

 

こけつ・ちゅうかん・天枢(てんすう)
この3つはネコのお腹側のおへその周辺にあり、吐き気止めの効果を期待できます。
優しくマッサージしてあげてください。

 

ツボを刺激する時には、ネコがイヤがらず気持ちよさそうにしていることが大切です。
嫌がるようでしたら無理やりはしないでくださいね。