ネコが吐いた時に危険性がある時と様子見しても良いポイント

 

ネコは健康な時でも毛玉などを吐くことがあります。

また、ネコの身体の構造からも吐きやすい動物でもあります。
ネコと一緒に暮らすうちにな子が吐くことになれてしまったりするかもしれません。

少なくとも初めてネコが吐いた時よりは落ち着いて対処することができるようになったと思います。

 

 

スポンサーリンク

ネコが吐いた時にまず確認すること

ネコが吐く時には色々な理由と状況があります。
どんな時だったらしばらく自宅で様子見をしていても大丈夫なのか、
どんな時にすぐ病院に行かなければいけないのかをしっかりと見極めることがネコの命を守ることにつながります。

まずはおう吐した時には吐いた状況と吐いたものをチェックしましょう

 

吐いた状況

どんな時に吐いたのか
食べている途中で吐いた・食べた後で吐いた・食べてからどれぐらい時間がたっているのか・寝起きで吐いたのかなど、状況をしっかりと確認しましょう。

 

  • 吐くのは何回?
    1回だけなのか複数回吐いているのか
  • 吐きそうになった時に吐くことができたのか
    吐けた・吐けずにえずくだけ など。
  • 吐いた後のネコの様子はどうか
    元気で普段と変わりない・ぐったりしているなど
  • 食欲はあるか
    おう吐した後でもフードやおやつを食べたがるのか、何も食べたがらない・好きな食べ物にも興味を示さない など
  • 咳をしているか
    咳をしている場合にはおう吐は咳をしてなのかそれともおう吐後に咳をしているのか
  • よだれは垂らしているかどうか

おう吐物について

おう吐物は液体だけなのか、食べたものも入っているのか

  • 消化はされていたのか
    フードが丸まま(形が分かる程度)出てきている・消化中でドロドロした感じ など
  • おう吐物に混ざっているものはないか
    毛玉や虫・草・異物など
  • 吐いたものの色はどうだったか

ネコが吐いた時様子見でも大丈夫な時のポイント

ネコが吐いた時に自宅で様子見をしても大丈夫な時は
まず、ネコが吐いた理由が

一度にたくさんの量をまる飲みにして吐いてしまったり、
毛玉を吐き出したり、
空腹の時間が長すぎて胃液や胆汁を吐いた時

 

などの3つの理由の時で他の症状がなくて、吐いた後もいつも通りに元気な様子だということが前提次の4つのポイントが全部YESと答えられる場合だけになります。
吐いても様子見をしても大丈夫な4つのポイント

おう吐した回数が週に1回以下
体重の減少がない(痩せてきていない*ダイエット中は例外です)
食欲がある
下痢していない

上記の3つの理由とこちらの4つのポイントが全てYESの場合以外は病気の可能性が高いと考えられるので病院に行った方がいいと思います。

 

すぐ病院へ行った方が良いネコが吐く時

ネコが吐く時にはすぐに消化器系の病気を想像しがちですが、
それだけではなく、他の病気の時でも吐く症状がでます。

ネコの吐く行動には色々な病気のサインが隠されています。
どんな風に吐いたのか、吐く以外の変わったことはないかなど冷静に様子を確認することが大切です。

激しく何度も吐く

ネコのおう吐が1回だけでなく、激しく何度も吐いているようでしたら
すぐに病院に行くようにしましょう。

激しく吐いている場合に考えられるのは感染症や中毒症状・膵炎の可能性が高くなります。
また、1日のうちに何度も吐くと脱水症状を起こすこともあります。

 

吐くそぶりを見せるが何も吐けない

吐こうとするのに吐けないということは何か誤食した可能性が高いです。
誤食したものが詰まっているために吐けないことが多く見られます。
この時に吐こうとする行動以外にもよだれがダラダラと出ていることがあります。

ネコが誤食したものに心当たりがある場合には獣医さんにどんなものを食べたり飲み込んだりした可能性があるのか詳しく伝えるようにしてください。

 

食べたもの・胃液を何度も吐く

この場合には少し分かりずらいかも知れません。
食べたものや胃液を何度も吐くということは、食べたものの中に何か食べ物ではない物が入っていたり、アレルギーがある可能性もありまし、誤食したものを出せないなどの可能性があります。

何度も食べたものや胃液を吐くわりには食欲がなくならない子もいるので分かりずらいですが、できるだけ早く病院に行くようにしてください。

 

おう吐物に血が混じっている

のようなものが吐いたものに混じっている場合にはすぐに病院に行くようにしてください。
混じっている血が鮮血のように赤いやピンクの場合には口の中や食道からの出血、
茶色~黒っぽい(コーヒーのような色)場合には消化器系からの出血か考えられます。

 

吐く以外の症状がある

吐く以外にも下痢や食欲がなくなっていたり、元気がなくてぐったりとしているなどの症状はありませんか?
その場合には内臓や代謝の病気、ガンなどの可能性がある他にも何か病気が重症化して深刻な状態になっている可能性が高くなります。

すぐに病院で診察をうける様にしましょう!

 

 

このようにネコが吐く場合には自宅で様子見をしても大丈夫な時と病院にすぐにでも行った方がいい時とがあります。

特に重症化している可能性があることもあるので、
ネコはよく吐く動物だからといって放っておかず、しっかりと見極めるようにしましょう。

おう吐物を説明ためやより獣医さんに分かりやすくするためにスマホなどで吐いたものを撮影しておくものおすすめです。

 

スポンサーリンク