ネコが吐いて下痢をしている時に考えられる原因と自宅でできる対処法

 

スポンサーリンク

ネコが吐いて下痢をしている原因は?

ネコが体調を崩している時は吐いたり下痢をしたりします。
多くの病気の症状の中にもおう吐や下痢が含まれていることからも分かるように
ネコは吐いたり下痢をしやすいですし、病気のサインでもあります。

できるだけ早く病院に行いって原因を特定してほしいのですが
夜中だったり、休診日だったり、都合がつかずになかなか病院に行けない場合があると思います。
そんな時のためにネコが吐いて下痢をしている時に考えられる原因と自宅でできる対処法を紹介したいと思います。

 

ネコが吐いて下痢の時考えられる原因

まず、ネコが吐いて下痢をしている原因を紹介する前に
ネコの下痢のタイプについて知っておくと獣医さんに症状を説明する時に役に立ちます。

 

 

ネコの下痢のタイプ

ネコの下痢に2つのタイプがあります。診察の時に詳しく聞かれると思うので、どんな下痢だったのか確認するための参考にしてください。

  • 小腸性下痢
    小腸に何か問題がある時に起こす下痢で、頻繁ではありません。
    ウンチは未消化なものが多く悪臭がします。量も多いです。
  • 大腸性下痢
    大腸に何か問題がある時の下痢で、
    水っぽい下痢を何度もします。

吐くことよりも下痢が2、3日続いておこる方が心配な症状です。

ネコが吐いて下痢をしている主な原因

ネコが突然吐くだけでなく下痢までしているとなると心配になりますよね。
何が原因で吐いたり下痢をしたりしているのでしょうか?
考えられる原因はいくつかあります。

病院に行くまでの間の対処をするためにも
これかな?と思う原因を知ることが必要です。

  • 食べたものに原因がある
  • 化学薬品
  • 誤飲
  • ストレス
  • 病気
  • その他

このようにネコが吐いて下痢をしている時に考えられる原因は非常に多くあります。

自宅でできる対処法

これだけ多くの原因が考えれますが、
共通して自宅でできる対処法があります。
ネコが吐いて下痢をしている時には多くの原因が考えられますが、
共通して言える事があります。

 

胃腸などの消化管が異常を起こして、弱っているということです。

 

人間でもそうですが、胃腸が弱っている場合には
弱った胃腸に優しい食事をとりますよね。

ネコでも同じように吐き下しがある場合には弱った胃腸に適した食事に変えて上げましょう。

 

基本的な対応方法(食事を変えてみる)

食事を1回抜いたり、量を減らして胃腸を休ませて回復させる

 

おそらく食欲が低下している場合が多いので食事を1回抜いて様子をみてみましょう。
食欲がある場合には、いつも通りの量だと胃腸への負担がかかってしまうので
量を減らして与えてください。

 

療養食にフードを変えてみる

胃腸が元に戻って吐いたり下痢をしなくなるまで
負担の少ない療養食に変えてみるのも良いですね。

 

手作りでもいいですし、市販の療養食もあるので
ネコの症状に合わせてあげてください。

 

いきなり療養食に変えると食べないことも多く見られますので、
いつものキャットフードの量を減らして
療養食を混ぜて少しずつ療養食にシフトしていく方法がおすすめです。

 

フードを温める・ドライフードをふやかす

消化吸収をよくするためや食欲を増すためにフードを温めたり
お湯でふやかしてあげるのもいいと思います。

この時の目安の温度は体温と同じぐらいの温度です。

手から与えてみる

おう吐や下痢が続くと食欲不振になり、
何も食べてくれなくなることもあります。
その時には手から少しずつ食べさせると食べてくれることがあります。

 

いつでも新鮮な水を飲めるようにしておく

吐いて下痢をしている時に一番心配なのは脱水症状です。

 

脱水症状にならないためにも
ネコがいつでも好きな時の新鮮な水が飲めるようにしましょう。

 

おう吐が激しい場合には無理に飲ませるとむせたり誤嚥したりすることがあるので、注意してください。

 

ネコは吐いたり下痢をしたりしやすい

ネコは肉食動物です。
腸の長さも人間と比べて短く、消化能力も高くありません。
そのことからネコは吐きやすく下痢をしてしまいます。

 

何度もおう吐や下痢を繰り返すと粘膜が傷つき更に悪化しがちです。
特に老猫(高齢猫)や子猫、病気のネコなど体力がない場合には
栄養不良になったり、脱水症状を起こしあっという間に悪化してしまいます。

 

できるだけ早く病院に行くことがおう吐や下痢の悪化も防ぎ、
病気の治療も早いうちにうけることができます。

 

 

病院に行く時に病気の特定の役に立つので
おう吐や下痢の回数や様子などメモにとるようにするといいと思います。

下痢の写メを撮っておくと正確な診断の手助けにもなるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク