ねこの嘔吐物処理でトキソプラズマになる?

ネコを飼っている妊婦さんは周りから
「妊娠中はネコを飼わない方が良いよ」と言われることがあるかもしれません。

 

 

これは、動物から人間に感染する病気があり、
特に有名なのはネコのトキソプラズマ症だからです。

 

でも、大好きな飼い猫を妊娠を機に手放してしまうことはできないと感じる猫飼いの方が多いと思います。
実際にねこの嘔吐物処理でトキソプラズマに感染してしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ネコのトキソプラズマ症とは

ネコのトキソプラズマ症とは、トキソプラズマという寄生虫が原因で感染する病気です。
ネコ以外にも他の動物や人間にも感染する可能性があり、妊婦さんが初めてトキソプラズマ症に感染すると胎児に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

 

ネコがトキソプラズマ症にかかった時は?

健康なネコがトキソプラズマ症に感染した場合、感染初期の頃に下痢が見られる程度です。
それ以後が特にこれといった症状も見られず
基本的にネコ自身か体内に抗体を作ることが多いようです。

 

 

しかし、子猫や猫白血病ウイルス(FeLV)、猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)などの感染症やウイルス感染や病気をして免疫力が低下している場合には、食欲の低下、吐く、下痢、血便や黄疸などの消化器症状や発熱や咳、呼吸困難などの呼吸器症状やが見られる場合もあります。

 

 

また、ネコが妊娠中に初めてトキソプラズマ症に感染した場合には、人間と同じように流死産や生まれた子猫に障害が起きる可能性があります。

 

人間がネコの嘔吐物からトキソプラズマ症に感染したら?

人間がネコのトキソプラズマ症に感染した場合には、健康な人間の場合も症状が出ることは少なく、症状が出た場合は熱が出たり、リンパが腫れるなどの症状になるそうです。

 

 

トキソプラズマの人間への主な感染路

人間がネコからトキソプラズマ症に感染する場合には主に3つの感染経路があります。

  1. トキソプラズマ症に感染した生肉を食べる
  2. ネコ(特に子猫)の便に含まれるトキソプラズマの卵を摂取する
  3. 母体から胎児へ感染する

ネコから感染する危険性の目安はどれぐらい?

実はトキソプラズマ症は哺乳類の多くが感染しますが、ネコ科の動物だけトキソプラズマの卵を排泄するそうです。

ネコから人間にトキソプラズマが移る場合の多くは排泄された便に含まれていた卵が何かの拍子に口に入ってしまう経路による感染が多く見られています。

 

でも、ここで知っておきたい事として、
全てのネコがトキソプラズマの卵を排泄するという訳ではありません。

トキソプラズマの卵を排泄するのは、初感染したネコや子猫だけで、
しかも排泄する期間は初感染直後からだいたい1~3週間という短い一定期間だけと言われています。

  • 妊娠初期
  • トキソプラズマ抗体がない
  • トキソプラズマに初感染したばかりの猫がいる
  • そのネコがトキソプラズマの卵入りの便を排泄した
  • 便に入っていたトキソプラズマの卵を偶然口から摂取した

 

この5つの偶然が重なった場合にのみ人間がトキソプラズマ症に感染するようです。

 

また、ネコを飼っていたり、ガーデニングが趣味の方の多くは自覚していないだけで過去にすでにトキソプラズマ症に感染した可能性があり、すでにトキソプラズマ抗体を持っている場合が多いそうです。

トキソプラズマ症に感染しないためにできること

妊婦さんがトキソプラズマ症に感染しないために予防できることは、
ネコの便は口にしない!ネコの肛門を舐めない!
この2つは絶対です!

 

それ以外にも
ネコは完全室内飼いにする
生肉は食べない
生肉を触ったらしっかりと手洗いをする
まな板は肉と野菜で使う面を別にする
公園の砂場、ガーデニングをした後にはきちんと手洗いをする
などのことに気をつけることが予防につながるそうです。

 

他にも妊娠したら、まずはお医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?それに、ネコのトイレの掃除は旦那さんや他の家族にお願いすると安心できますね。

 

スポンサーリンク