吐くことから考えられる病気:ネコの糸球体腎炎

 

ネコの病気によっては吐く症状がでるものがあります。

ネコが吐く症状から考えられる病気のひとつネコの糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)についてどんな病気なのか、症状は吐く以外にどんなものがあるのか、原因や治療法についてまとめました。

*ネコの病気を自己診断するのではなく、病院に行った時に獣医さんにネコの症状を伝える参考として読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ネコの糸球体腎炎とは?

糸球体って耳慣れない言葉だと思います。
糸球体はネコの腎臓を形成しているネフロンの内部に糸状に毛細血管が丸まっている塊のことをいいます。

 

ネコの腎臓には血液をろ過する機能がある糸球体というものがあります。その糸球体に炎症が起きている状態のことを【糸球体腎炎】いいます。

ウイルス・細菌によって引き起こされるネコの腎臓病です。糸球体の底の部分が炎症を起こすと血液をろ過する機能が低下し、血液の中に老廃物が残ってしまいます。

糸球体に急に炎症が発症した場合には急性糸球体腎炎、1年以上糸球体腎炎の症状が継続している場合には慢性糸球体腎炎になります。

 

 

ネコの糸球体腎炎の症状

初期段階の症状

ネコの糸球体腎炎は初期症状は分からないことが多く、病気が進行して発見されることも少なくありません。
タンパク尿(尿の中にタンパク質が多くなる)ということが尿検査をして分かる程度です。

初期以降の段階の症状

  • 水を多く飲む(多飲)
  • おしっこの量が増える(多尿)
  • 下痢
  • 吐く
  • 元気がない
  • 毛づやが悪い
  • 軽度の貧血を起こす(ふらつくようになる)
  • 体のむくみ
  • 腹水
  • 脱水

など、慢性腎不全のような症状が一部見られるようになります。

 

67dc7c9d89f9cc46505cea719b58af0b_s

ネコが糸球体腎炎になる原因は?

ウイルス・細菌・病原体に感染する(ネコの体内に入る)と免疫が病原体を排除するために抗体を作ります。その抗体と病原体が合体し、免疫複合体となりそれが糸球体のろ過膜にくっつくと炎症がおきます。

または、免疫体が糸球体を異物と誤認して攻撃をしたことで炎症が起きます。

この2つが主な原因とされていますが、まだ分かっていないことも多くある病気です。

糸球体腎炎を引き起こすきっかけになる病気

・猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)
・猫伝染性腹膜炎(FIP)
・猫白血病ウイルス(FeLV)感染症
・膵炎
・腫瘍
・全身性エリテマトーデスなので免疫介在性疾患

 

 

ネコの糸球体腎炎の治療法

原因となる病気が分かる場合

原因となった病気の治療を行います。
猫エイズや猫白血病や猫伝染性腹膜炎などのウイルス感染症に関しては治らないので対処療法を行います。

原因が分からない場合

免疫抑制剤・抗炎症剤の投与治療を行います。

その他

むくみがある場合には、利尿剤を投与してむくみを抑える治療をします。
また、症状によっては、運動制限や食事療法(ナトリウム・タンパク質が低い食事)を行います。

 

 

まとめ

すぐに命の危険がある病気ではありません。
病気が進行すると吐くなどの症状が出てきます。
4歳ぐらいの若いオス猫が多く発症することが見られ、ネコの糸球体腎炎にかかった75%は若いオス猫と言われています。

糸球体腎炎の明確な予防法はありませんが、予防のためには、原因となる病気にかからないようにワクチンの接種などを受けることがおすすめです。また、健康管理や食事などにも気をつけるといいと思います。

 

スポンサーリンク