吐くことから考えられる病気:ネコの食道炎(食道狭窄・逆流性食道炎)

ネコの病気によっては吐く症状がでるものがあります。
ネコが吐く症状から考えられる病気のひとつネコの食道炎(しょくどうえん)についてどんな病気なのか、症状は吐く以外にどんなものがあるのか、原因や治療法についてまとめました。

*ネコの病気を自己診断するのではなく、病院に行った時に獣医さんにネコの症状を伝える参考として読んでいただけると嬉しいです。

 

 

ネコの食道炎とは?

ネコの食道炎とは、食べ物が通る道の食道に炎症が起こっている状態のことを言います。

 

食道炎が粘膜下組織・筋層まで達してしまうと、炎症部分を修復しようと線維化が進んで食道内がゴワゴワに狭くなってしまい、そのことを「食道狭窄(しょくどうきょうさく)」といいます。慢性的に食道炎になってしまうこともあります。

 

 

また、食道と胃の境目の筋肉の下部食道括約筋が機能低下し、胃酸が食道に逆流すると、酸の影響で食道が傷つきます。このことを「逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)・胃食道逆流」といいます。

 

 

ネコの食道炎の症状

食道炎になると、食道に痛みがでます。また症状は以下の通りです。

 

食べ物を飲み込んでもすぐに吐き出す
首を触られるのを嫌がる
何度もツバを飲み込もうとするしぐさをする
よだれを流す
何かを飲み込む時に大声を出す(泣き叫ぶ感じ)

 

 

更に悪化すると…
食欲がなくなる
水を飲まなくなる
体重が減る
脱水症状
元気がなくなる

 

 

吐き出したものを誤って吸引してしまうと…
誤嚥性肺炎を引き起こす
発熱

呼吸困難

 

ネコが食道炎になる原因は?

食べた物・飲み込んだものが原因

ネコが刺激性有毒物質や薬などの刺激性化学物質、熱いものや尖った物など食道を傷つけてしまうものを食べたり飲んだりしたことで引き起こされることがあります。

なかには、錠剤やカプセルなどが食道にひっかかって食道炎の原因になることもあります。

 

他の病気が原因

食道以外の臓器の病気で吐くことを繰り返すことで引き起こされたり、
食道近くの咽頭や喉頭で炎症が起こり(咽頭炎や喉頭炎)、その炎症が食道に波及してしまって引き起こされることがあります。

 

感染症が原因

猫カリシウイルス・ピシウム・カンジダなのどの感染症が原因で引き起こされることがあります。

 

医原性

麻酔をした時に胃酸が逆流したり、外科手術(食道や胸部)、鼻や咽頭にチューブを挿入した時に傷がついたり、
括約筋の圧力が低下してしまう薬(ジアゼパム・アトロピンなど)の投与が原因になることもあります。

医療行為が原因で食道炎を発症したパターンの食道炎のことを「医療性食道炎」といいます。

 

 

ネコの食道炎の治療法

症状が軽い場合

抗生物質・抗炎症剤、胃酸分泌抑制剤・粘膜保護剤(状態に応じて)の投薬治療をおこないます。
食道に刺激が少ない流動食をこまめに与え続けます。

 

症状が重度の場合

食道を休ませるために絶食・絶水をして点滴治療を行い、その期間は胃チューブで水分や栄養を補給します。
症状が良くなって来たら、ビタミン剤と高カロリーの流動食を与えます。

 

他に病気がある場合

食道狭窄
症状が進行している場合には外科手術の可能性があります。

誤嚥肺炎
抗生物質の全身投与を行う場合もあります。

原因となる病気や感染症
症状に合わせて治療を行います。

 

 

まとめ

ネコの命にすぐにかかわるという病気ではありませんが、
非常につらく痛い思いをする病気ですよね。

 

大切なネコに食道炎でつらい思いをさせないためにも日頃から私たち飼い主がエサに鋭い骨が入っていないか、硬いものがないか、猫にとって熱すぎないかなどチェックをしたり、金属やプラスチックなど誤飲・誤食のもとにならないものをできるだけ片づけておくことがいいと思います。

 

また、何度も吐くような場合にはすぐに動物病院へ行くようにしたいですね。