吐くことから考えられる病気:ネコの膵炎

 

ネコの病気によっては吐く症状がでるものがあります。
ネコが吐く症状から考えられる病気のひとつネコの膵炎(すいえん)についてどんな病気なのか、症状は吐く以外にどんなものがあるのか、原因や治療法についてまとめました。

*ネコの病気を自己診断するのではなく、病院に行った時に獣医さんにネコの症状を伝える参考として読んでいただけると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

ネコの膵炎とは?

ネコの膵炎とは、血糖値のコントロールや栄養の消化を行っている膵臓に何らかの原因で炎症が発症し、膵臓にある強力な消化酵素が漏れてしまい
膵臓だけでなく、周りにある臓器を消化している状態のことをいいます。

 

ネコの膵炎は二種類あり、急性膵炎と慢性膵炎と分けられています。

 

急性膵炎を発症することが多く見られ、慢性膵炎を発症することは少ないようです。
しかし、慢性膵炎はインスリンを分泌する膵臓の機能が低下するため、糖尿病を併発する可能性もあります。

 

ネコの膵炎の症状

ネコの膵炎は特徴的な症状がなく、見落とされやすく発見が遅れてしまうことが多いです。

急性膵炎の症状

元気がなくなる
疲れやすい
頻繁に吐くようになる
下痢
食欲低下
脱水
激しい腹痛
お腹が痛いので、お腹を抱えるように丸くなる(ニャンモナイト状態)や抱き上げられることを嫌がったりします

膵臓の炎症が重症な場合には
ショック症状
昏睡状態 などになることもあります。

慢性膵炎の症状

食欲低下
元気がなくなる
吐く
下痢
これらの症状が出たり治ったりを繰り返します。

a1180_005144

ネコが膵炎になる原因は?

急性膵炎の原因

遺伝
シャムネコ系がわずかにかかりやすい傾向にあるようです

 

感染症

猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫ウイルス性鼻気管炎、トキソプラズマ症などの様々な感染症によって引き起こされることもあります。

 

他の病気
胆管炎・慢性的な胃腸炎・脂肪肝など肝臓や胆のう、十二指腸など膵臓とつながっている臓器の炎症が膵臓へ波及して膵炎を引き起こされることもあります。

 

お腹の強打
事故や高い所から落ちたことでネコのお腹を強打したことで
膵臓が損傷を受け膵臓の消化酵素が漏れてしまい、膵臓やその周辺の臓器を消化することで引き起こされます。
この場合命の危険があります。

 

慢性膵炎の原因

急性膵炎がなおりきらず再発した場合に起こります。

 

ネコの膵炎の治療法

  • 絶食
    初めに膵臓から出る消化酵素の働きを低下させ、休ませるために短期間の絶食をします。
    絶食期間中は輸液で水分と栄養を補います。
  • 投薬治療
    抗炎症剤や鎮痛剤、抗生物質などの投与を行います。
  • 外科手術
    膵炎により胆管が詰まった場合には外科手術で詰まった胆管のつまりを取り除きます。
  • 他の病気を併発している場合
    原因の病気や併発した病気がある場合には、その治療も行います。
  • エサを食べない場合
    エサを受け付けない場合には、カテーテル(細い管)を腸内に通して栄養を強制的に送り込みます。
  • ダイエット
    肥満は膵炎を悪化させる可能性が高いので、肥満気味のネコはダイエットも行います。

*治療をする際には入院が必要な場合もあります。

膵炎にかかりやすいネコ

  • 肥満気味なネコ
  • 高齢猫
  • 完全室内飼いではないネコ(事故などを起こす可能性がある)
  • 動きが活発で良くケガをするネコ(事故などを起こす可能性がある)

 

まとめ

命の危険もあるネコの膵炎ですが、症状が分かりずらく発見が遅れることが多く見られます。
交通事故や感染症のリスクを減らすためにも完全室内飼いがおすすめです。

また、ちょっと肥満気味のネコは確かにぽっちゃりとして可愛いのですが、
膵炎のリスクを減らすためにちょっとダイエットにチャレンジするのもいいかもしれないですね。

 

スポンサーリンク