吐くことから考えられる病気:猫のトキソプラズマ症

 

ネコの病気によっては吐く症状がでるものがあります。
ネコが吐く症状から考えられる病気のひとつ猫のトキソプラズマ症についてどんな病気なのか、症状は吐く以外にどんなものがあるのか、原因や治療法についてまとめました。

*ネコの病気を自己診断するのではなく、病院に行った時に獣医さんにネコの症状を伝える参考として読んでいただけると嬉しいです。

 

猫のトキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症とは、人畜共通感染症の一種です。トキソプラズマという寄生虫が経口感染することから引き起こされる感染症です。
トキソプラズマ原虫は目視確認ができません。大きさは顕微鏡でなければ確認することができないほどの大きさです。
アメーバやゾウリムシのように単細胞生物の一種で、感染すると体内で増殖します。

 

 

一度感染するとネコの免疫が働きトキソプラズマに対して抗体ができるので、一生に1回だけしか感染しません。
また、トキソプラズマの感染している生肉を食べたり、卵のようなもの(オーシス)を口にするなどのことのない完全室内飼いでネコ砂・キャットフードで育てられているネコの場合には感染の機会がありませんね。

 

ネコ科の動物を終宿主にしていますが、哺乳類・鳥類にも感染することがあります。
また、人間の妊婦が初感染をすると胎児が先天性トキソプラズマ症になり、流産・死産・水頭症など引き起こすこと可能性があります。
そこから妊婦はネコと接触しない方がいいと言われるようになり、ネコを飼っていたが妊娠をしたり赤ちゃんが産まれたのでネコを手放さなくてはいけなくなってしまったなどのことも見られています。

 

 

ネコのトキソプラズマ症の症状

トキソプラズマにネコが感染した場合には初期段階で一過性の下痢が見られることがありますが、
多くの場合健康であれば、特に症状が出ることもありません

しかし、子猫や猫エイズ・ネコ白血病感染症などウイルス感染症や免疫力が低下しているネコが感染した場合には注意が必要です。

子猫の場合

発熱
呼吸困難
吐く
粘り気のある血便
黄疸
*急性トキソプラズマ症になってしまうことがあり、命の危険があります。

成猫の場合

健康なネコの場合には無症状がほとんどです。
ウイルス感染症や免疫力が低下している場合には以下の症状が見られます。
食欲不振
吐く
下痢
血便
黄疸
発熱

呼吸困難
運動失調(まっすぐ歩けなくなり、ふらついたり同じところをぐるぐると回転する) など

 

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s

ネコがトキソプラズマ症になる原因は?

トキソプラズマという寄生虫によって引き起こされる病気です。
トキソプラズマに感染した豚肉や鶏肉などの動物の肉を生食したり、
感染しているネコから排泄されたトキソプラズマの卵のようなもの(オーシスト)が混じっている水を飲んだり、トキソプラズマのオーシスが含まれている可能性のある土に触れたりした後に毛づくろいなど何かの拍子で口に入った場合に感染します。

母ネコがトキソプラズマに感染している場合には、胎盤や母乳を介して子猫が感染(経乳感染/経胎盤感染))することがあります。

 

人への主な感染経路は?

人間がトキソプラズマ症に感染する経路は3つあります。
しかし、感染経路をきちんと理解することで防ぐことができるので過剰に不安になる必要はありません

  • トキソプラズマに感染している生肉を生のままで食べる
  • トキソプラズマに感染しているネコの排泄物に含まれる卵のようなもの(オーシスト)を摂取する
  • 母体からの感染

 

 

ネコのトキソプラズマ症の治療法

投薬治療

トキソプラズマ症の治療は抗菌薬(抗生物質や強化サルファ剤(サルファ剤と葉酸代謝阻害剤の合剤))を使う治療になります。
同時に下痢や発熱がある場合には並行してそれらの治療も行われます。

 

まとめ

トキソプラズマの感染を防ぐためには、外でトキソプラズマに感染することが多いので、完全室内飼いをすることがおすすめです。
キャットフード以外に手作りご飯を与えている場合など、生肉を与えないようにし、完全に火を通して与えるようにしましょう。

 

また、人間もガーデニングなど外で土や砂を触ったり、ネコの排泄物を処理した後には流水できちんと手洗いをするようにしましょう。
人間も豚肉や鶏肉などお肉にはしっかりと火を通すことがおすすめです。
生肉を調理する時に使ったまな板・包丁は使うごとに洗うようにしましょう。