ネコに毛玉を上手に吐かせるたい!

ネコは吐くことが多いのですが、なかにはなかなか毛玉を吐けずにいるネコもいます。身体の中に毛づくろいをしたりして飲み込んでしまっている毛を出せないと毛球症になってしまったり…。

何より毛玉を吐けずに苦しそうににしているネコの様子を見るとどうにかして毛玉を吐かせてあげたいって思いますよね。

上手に毛玉を吐けないネコの場合、ネコの健康のためにも私たち飼い主がスムーズに毛玉を吐かせるお手伝いをする必要があります。

ネコが吐けない毛玉はどうなる?

ネコは毛づくろいなどで自分の毛を飲み込んでしまいます。飲み込んでいる毛は毛玉として吐きだされることが多いですが短毛種のネコのようにあまり毛玉を吐かないネコや毛玉を吐きだすのがの苦手なネコもいます。

毛玉を吐かない場合には基本的には便と一緒に排泄されます。ネコのトイレ掃除をする時に便を観察していると毛が混ざっていることもあると思います。

もし「うちのネコ、毛玉を吐かないけど大丈夫?」と気になる場合にはネコの様子を観察して、特に体調が悪い様子が見られないなら、便と一緒に排泄されているはずなので安心してください。

毛玉が吐けない・排泄されないと毛球症のリスクがある

毛づくろいなどでネコが飲み込んだ毛は毛玉として吐かれたり、便と一緒に排泄されますが、もし吐かない・排泄されない場合には毛球症のリスクが高まります。

毛球症とはネコの消化器官に溜まったネコの毛が原因の病気で、腸閉塞を引き起こす可能性もあります。

初期症状としてはフードを食べなくなったり、食べてもすぐに吐いてしまうなどが見られます。でも、初期段階では元気そうに見えるので見逃してしまう事も少なくありません。

他にも見られる症状としては元気がなくなる・食欲不振・水をあまり飲まなくなる・便秘または下痢・吐きそうなのに吐けない・おう吐・お腹を触られるのを嫌がるなどがあります。

普段からネコが毛玉を吐きだしているか、便と一緒に排泄されているかをチェックしてみることもおすすめです。

ネコに毛玉を吐かせる方法

吐きたいのに毛玉が吐けないネコもいます。ネコが吐かないから自然に任せておけば良いよね!…という訳でもありません。だって、身体の中に溜まった毛玉はそのまま放置していると毛球症という病気の原因になってしまい、腸閉塞を引き起こす可能性もあります。

毛玉を吐くのが苦手なネコがスムーズに毛玉を吐かせるためのおすすめの毛玉対策は3つ!

キャットフードを毛玉対策用に変える

ネコのキャットフードには色んなニーズに合ったものがあり、毛玉対策用のキャットフードも数多くあります。

一般的毛玉対策用キャットフードには食物繊維が多く含まれていて、ドライタイプ・ウエットタイプの両方あるのでネコの好みに合わせて与えてください。

ただし、ドライタイプの場合には吐くために必要な水分もしっかりと飲ませるようにしましょう。もし、あまり水を飲まない場合には、ドライフードをふやかすか、ウエットタイプ毛玉対策用キャットフードにすることがおすすめです。

猫草を食べさせる

よくペットショップやホームセンター、園芸店、スーパーの園芸コーナーなどで見かける猫草を与えることもおすすめです。

ネコ草とは…

ネコが好んで食べる草の総称。一般的にネコ草はイネ科のエン麦が多く、発芽している物や栽培キットで販売されています。
エノコログサでも代用可。

ネコ草を食べたネコが必ず毛玉を吐くという訳ではありませんが、ネコ草を食べると草にあるトゲトゲが胃を刺激して吐き気をもよおし吐くことも多く、ネコ草を食べても吐かない場合でもネコ草は消化されないので便と一緒に排泄されれるので、一度食べさせてみるもの毛玉対策としておすすめです。

 

うちのネコの兄弟猫のようにネコ草が大好きというネコもいて、ストレス解消や嗜好品としてもネコに楽しんでもらえると思います。

毛玉対策サプリを利用する

毛玉対策キャットフードや猫草以外に多く利用されているのが毛玉対策用サプリメントです。

毛玉対策用サプリメントの場合、ネコに毛玉を吐かせるというより、ネコが飲み込んだ毛を胃から腸へと徐々に移動させて便と一緒に排泄させるためのものです。

ジェルタイプのものが多く、甘い香りがします。ネコによって好みが分かれ、好みの毛玉除去剤はちゅーるのようにおやつ感覚で美味しく食べてくれるネコが多いです。

ネットショップや近所のペットショップ、ペット用品売り場でも販売されているのでチェックしてみてくださいね。

注意:使用量を超えて多くあげすぎると下痢になってしまうので、使用量はキチンと守りましょう!

ネコが吐けないなら塩やオキシドールで吐かせた方が良いの?

ネコが吐けない対策として塩やオキシドールで吐かせるという方法をネットで見かけることがありますが、とても危険な方法なので絶対にやらないで下さい!

元々ネコに塩分を多く与えるのはNGということもありますが、いくら吐かせるためといっても塩分(生理食塩水)を飲ませると食塩中毒になってしまい重症の場合、意識混濁など神経症状を引き起こしてしまいます。

オキシドール(過酸化水素)を飲ませると胃・食道の粘膜をひどく傷つけてしまいます。

この塩やオキシドールで吐かせる方法はひと昔前の獣医師の教科書に異物を吐かせる方法として掲載されていたものが未だにネット上にあるだけで現在の正しい猫の吐かせ方ではありません。絶対にやらないでください。

まとめ ネコの毛玉を吐かせる方法

なかなか毛玉を吐きたくても吐けないネコに毛玉を吐かせる3つの方法と危険な催吐方法を紹介しました。

上記のネコの毛玉吐かせる方法以外にもブラッシングをして抜け毛や汚れを落としたり、ストレスがないか(ネコはストレスが溜まると毛づくろいの回数が増える)気を配ってあげることもおすすめです。

スポンサーリンク