ネコが下痢の時の動物病院に行く?ココに注目して!

ネコのトイレを掃除するとネコのうんちがいつもより緩い、下痢をしている時ってありますよね?
私たち人間も風邪を引いたり、食べ過ぎたり、お腹を冷やしたり…などなど色んな理由で下痢をすることがあるようにネコもちょっとしたことで下痢やうんちが緩くなることがあります。
あまり神経質にならなくても良いのですが、表情豊かだけど言葉をはなさないネコの体調をしっかり管理するためにもネコが下痢になる原因と自宅でできる対処法と動物病院を受診するかどうか判断ポイントについて紹介します。

ネコの下痢・軟便の種類

ネコのうんちの水分量は約70%で、一般的に水分量が約80%以上になると下痢と言われる状態になります。でも、ネコの下痢や軟便といっても水分量の違いやうんちの状態や症状に違いがあります。動物病院を受診するかどうか判断するためにもネコの下痢・軟便の種類を知っておくことがおすすめです。

ネコの下痢:水分が多い

ネコのうんちの水分量が90%以上の場合は【水様便】と言われ、水のような下痢になります。

ネコの下痢:水分が少ないけど柔らかい便

いわゆる【軟便】です。上記の水様便と比べて水分量が少ないけど、通常のうんちよりは柔らかく、簡単につぶれたり、持ち上げるとうんちの跡が残るようなうんちです。

ネコの下痢:血・粘液が混じっている

赤い血が混じっていたり、真っ黒なウンチの場合【血便】で大腸や胃や小腸からの出血が疑われます。ゼリー状の粘液が混じっている場合は【粘液便】で大腸にダメージがある可能性があります。

ネコの下痢の原因は?

ネコが下痢をする原因として考えられることは以下のことです。

感染が原因のネコの下痢

ウイルスや細菌などが感染したことが原因で引き起こされる下痢です。

ウイルス性の下痢

ウイルス性のネコの下痢で代表的なものはパルボウイルス性腸炎(猫汎白血球減少症・猫伝染性腸炎)で子猫がこれに感染すると重症化しやすいので注意してください。他にもコロナウイルス(猫伝染性腹膜炎)があります。下痢以外にも発熱などの症状が伴います。

パルボウイルス原因に関しては3種混合ワクチンを接種すること、コロナウイルスは完全室内飼いにすることで予防する事ができます。

細菌性の下痢

細菌性の下痢の場合、カンピロバクター感染症が多くみられます。一般的にネコのお腹の中にカンピロバクター属菌がいても症状はでませんが、子猫や体調が悪い時など免疫力が低い時期に下痢になることが多いです。

下痢以外にも吐くなどの症状がみられます。

寄生虫

コクシジウム、線虫などの寄生虫が原因の下痢。

一般的に子猫などが多く見られます。室内飼いになる前に外で暮らしていた子猫の場合には感染してる可能性も高くなります。

食事が原因のネコの下痢

ネコが食べた物が原因で引き起こされる下痢です。

消化吸収不良

消化器官の働きが悪くなった時に下痢になります。食べ過ぎたり、キャットフードを突然変えた時などに良くみられます。

食物アレルギー

キャットフードやおやつに含まれている成分にアレルギー反応が出たことが原因でおきます。解決するためにはネコのアレルゲンを含まないフードやおやつを選ぶことが大切です。

異物誤飲が原因のネコの下痢

ネコが中毒物質(薬物や殺虫剤など)や異物を食べたことが原因のネコの下痢です。また、誤飲以外でも動物病院で処方された抗生剤や薬などが原因で下痢になることもあります。

ネコの誤飲が原因の下痢は私たち飼い主がしっかりとネコがいたずらできない場所にしっかりと片づけておくことで予防することができます。抗生剤や薬が原因と考えられる場合には、獣医さんに相談してくださいね。

病気が原因のネコの下痢

ネコが下痢・軟便になる病気は感染症以外にも内臓疾患の場合があります。

ネコの下痢が内臓疾患が原因の場合には、膵臓。肝臓・内分泌系疾患や消化器の病気の可能性があります。腸管に悪性腫瘍ができたことが原因で下痢になることもあります。

ストレスが原因のネコの下痢

私たち飼い主側もストレスがかかるとお腹が痛くなったり、お腹を下すことがありますよね?ネコも同じようにストレスが原因で下痢や軟便になることがあります。

例えば、引っ越しで生活環境が激変したり、長時間移動したり、新しく飼い猫が増えたり、しつこく撫でられることがあったり、トイレが清潔じゃなかったり…などネコによってストレスの原因は様々です。

基本的に慣れたり、ストレスが軽減されることで治まることが多いのですが、なかなか下痢が治まる様子がない時にはストレス以外にも下痢の原因がある可能性があるので獣医さんに相談してみましょう。

ネコが下痢になった時の自宅でできる対処法

ネコが下痢になった時に自宅でできる対処法について紹介します。

ネコが下痢になった時の食事(キャットフード)はどうする?

ネコが下痢になった時には胃腸を休ませるために水だけ飲めるようにして食べ物はあげない方が良いという説、ネコの自然治癒力を高めるためにもキャットフードをあげるという説があります。

当サイトでは後者のキャットフードを与える方が良いと思います。
人間だって下痢をした時でも食事内容は考えて食事をしませんか?ネコも同じように全く食べ物が食べられないと体力だって戻らないですし、ネコ自身が食べるか食べないか判断してくれます。

ただし、消化器官に負担をかけないようにキャットフードをふやかしたり、1回の食事の量をいつもの量より減らして小分けにして食べさせることがおすすめです。

*子猫が下痢をして食事の量を減らす場合には必ず獣医さんに相談してくださいね。

人間の下痢止め薬は飲ませない!

よくネコに人間の市販薬を量を減らして服用させるという話を聞くことがありますが、人間が服用する下痢止め薬をネコに飲ませないようにしてください!

人間の下痢止め薬の量は人間の体重に合わせた調合になっていますし、量を減らしたとしても人間とネコでは身体の代謝メカニズムがそもそも異なるので危険です。

「下痢止め薬を飲ませた方が良いかも」と心配になった場合には動物病院を受診して獣医さんに相談してくださいね。

ネコの下痢で動物病院を受診する判断ポイント

ネコの下痢には自宅で対処しながら様子を見ていても大丈夫な場合と様子見をしていると手遅れになってしまう危険な下痢があります。

私たち飼い主がキチンと見極めて動物病院を受診するかどうか判断することが大切です。…といっても、なかなか判断が難しいという場合のために判断ポイントを紹介します。

緊急が高く早く動物病院を受診した方が良いネコの下痢

  • 下痢の他にも高熱・吐く、元気がなくぐったりしている、食欲不振の症状がある
  • キャットフードやおやつ以外の異物を食べた場合
  • 子猫や高齢猫(老猫)

猫汎白血球減少症、リンパ腫、すい炎や腸炎など致死率の高い病気にかかっている可能性や中毒症状を起こしている可能性があり、様子見をしている内に重症化してしまうこともあるので、早く動物病院を受診しましょう。

また、子猫や高齢猫の場合には免疫力が低く体力も少ないので一般的には重篤化しない病気でも命を落としてしまうことがあるので動物病院を受診して治療を早めにしましょう。

なるべく早めに動物病院を受診した方が良いネコの下痢

下痢の中に虫が混じっている

この場合には寄生虫に感染している可能性があります。寄生虫の場合、自然治癒することはないので早めに治療をすることがおすすめです。

自宅で様子見をしてもいいネコの下痢

食べ過ぎやストレス

ネコの下痢の原因が食べ過ぎやストレスの場合には自宅で様子見をしても大丈夫です。ネコの食事の量の調節をしたり、ストレスを軽減してあげてくださいね。

ただし、下痢が続くようでしたら動物病院で相談してみることもおすすめです。

ネコの下痢の症状を獣医さんに伝えるためのチェック表

ネコの下痢で動物病院を受診する時にはうんちの状態や回数、量、ニオイや色などネコの下痢の症状などをメモしておくと診察の役に立つのでおすすめ!特に下痢の中に血や虫が混じっている場合には、写真を撮っておくと更にいいですよ!

ネコの下痢の症状チェック表
  • ウンチはどんな状態?(水のようなウンチ?やわらかめのウンチ?血が混じってる?)
  • 下痢のウンチの量は?(普段と比べて多い?少ない?)
  • 1日に何回下痢してる?
  • 下痢の症状はいつから始まってどのくらい続いている?
  • ウンチの色や臭いに何か異常はない?
  • 吐いたりしていない?
  • 食欲はある?
  • おなかが痛くてうずくまるような様子は?
  • ウンチをするときの様子は?(きばっている、トイレ以外の場所でもらしてしまうなど)

まとめ

大切なネコがいつもと違って下痢をすると、ついつい焦ってしまいがちですが、まずは冷静になってネコの様子をチェックして受診した際に獣医さんに的確に伝えられるようにしましょう。

スポンサーリンク