ネコが血を吐いた時は危険なのか?考えられる病気と応急処置

nekohaku10

ネコが血を吐いた時の原因は?

ネコはよく吐く動物です。
動物は身体の調子が悪くなっても同じ人間同士のように伝えることができません。それどころか動物の習性として自分の体調が悪いことを隠して元気なふりをすることがあります。

私たち飼い主がネコが体調を崩していないか、病気になっていないか気をつけて変化を見逃さないようにしたいですね。

ネコが吐いて血が混じっている場合には病気の可能性が高くなります。
また、血の吐き方で違う原因になるので、冷静な判断が必要になってきます。

スポンサードリンク

ネコが血を吐いた

ネコが血を吐いた場合、吐血喀血(かっけつ)とがあります。
一言でネコが血を吐いたといっても
原因には吐血と喀血によって違いがあります。

また、吐く様子や血の色にも違いがあります。

かわいいネコが血を吐くとどうしても慌ててしまって
どうしたらいいのか分からなくなってしまいますが、
病院に行ったときのお医者さんの診断をするためにも冷静に
どんな様子で吐いたのか、おう吐物に混ざっていたものはないか、血の色は何色だったのかなどできるだけ詳しく確認した方がいいです。

ネコの吐血(薄い血の色がする)

ネコが吐血をした時は胃液と混じって血を吐いていたり、
キャットフードと一緒に血が混じって吐くことがあります。

この場合には血の色は薄い色をしています。

原因として考えられることは、消化器系からの出血です。
口の中や食道、胃などが炎症を起こして出血し吐いていると考えられます。

食道炎の症状

吐血以外にも、食道が炎症を起こしているので痛みで飲み込むことが難しい状態になり、
食べてもすぐに吐き出したり、ひどくなると唾を飲み込むこともつらいので、何度も唾を飲み込むしぐさをしたり、よだれがダラダラと垂れることがあります。放っておくと別の病気を併発します。

 

胃炎の症状

吐血以外の症状としては胃の中にあるものをすべて出そうとお腹を大きくへこませたり横隔膜や腹筋を使って吐きます。何度も吐いたり、脱水症状があります。胃炎から食道炎を引き起こすことも多くみられます。

口の中の炎症の症状

吐血以外の症状としては口臭があるということが一番分かりやすいです。歯周病の時には歯茎が赤く腫れます。じゃれて噛んだりすると歯ぐきからの出血が見られます。口内炎の場合では痛みが強いので食べたくても食べられない状態になり、粘ついた血の混じっているよだれを垂らすようになります。口の周りや前足が常に汚れた状態になります。

 

熱中症が重症化してる可能性あり

それ以外で注意してほしい病気は熱中症です。
長い間風通しの悪い暑い場所でいることや長時間の移動などで狭いキャリーの中に入れられた状態の時にストレスや緊張などから引き起こされることがあります。

熱中症の場合はおう吐や熱、口を開いてハアハア荒い呼吸をすることがよく知られていますが、
進行した場合に吐血の症状が見られます。

 

スポンサーリンク

ネコの喀血(鮮やかな血の色)

ネコが喀血をする時は
咳込んでいたと思うと、突然鮮やかな色をした血を吐くことが多く見られます。
血に泡が混じっていることが多く見られます。

出血している場所は呼吸系内臓からで吐血するよりも危険度が高くなります。
喀血から考えられる病気は、心臓、肺、気管支などの病気や腫瘍やお外へ自由に出たりするこの場合にはフィラリアが寄生してることも考えられます。
悪化している可能性が高いので早めに病院に行くことが大切です。

ネコは元々はあまり咳をしない動物です。
それが咳をするということはよっぽど呼吸器系が苦しくなっているということでもあります。

 

ネコが血を吐いた時の応急処置

まず、吐いている時は全般的におう吐したものを誤嚥(誤って気管に入ってしまうこと)しないようにすることが大切です。

  1. 頭を下げて吐いたものが気管に入らないようにします。
    鼻血がある場合、鼻水に血が混じっていたり、何度も飲み込むしぐさをしていないか確認してください。ティッシュなどで拭いてあげてください。
  2. 意識があるか確認します
    意識がない場合には呼吸と心拍の確認をします。
  3. ネコを安静に運ぶために簡易担架を大きめのタオルなどで作りその上に寝かせましょう。

吐血した場合には身体を冷やさないようにしながら胃の周辺だけを冷やし血管を収縮させ出血を最小限におさえます。

喀血した場合には、全身を冷やさないようにしながら血管を収縮させて出血を最小限におさえるために胸や首を冷やします。

ネコの身体を冷やすためにはアイスノンなどをタオルで包んでから患部に当てるようにしましょう。

できるならおう吐したものを持っていくか、写真に撮っておくと診察の時に診断や治療がより正確にする手助けになります。

大切なネコが血を吐いたら、大慌てをすることも当然です。
でも、大切なネコの命や健康を守るために飼い主が冷静にネコの様子やおう吐物の説明を詳しくお医者さんにすることが正確な診断と治療をするためにとても大切になります。落ち着いて行動するようにしましょう。

スポンサーリンク