今まで吐いたことのないネコが突然吐いた

nekohaku6

今まで吐いたことがなかったのに突然吐くようになったら心配になりますよね。

ネコはよく吐く動物だと言われていますが、
なかにはめったに吐かないこもいます。
そんな子がいきなり吐いたり
頻繁に吐くようになったりすると心配で慌ててしまうのも当然です。

でも、大慌てで病院に行く前にネコの様子や吐いた時の状況をチェックしておくと動物病院を受診する時にお医者さんも正確な診断をする手掛かりになります。

 

スポンサードリンク

吐く前と後のネコの様子をチェックしよう!

おう吐した際のチェックリストを参考にぜひ情報をまとめてください。

  • 吐く回数は?
    例:1回だけ
    何回も吐いている
    今日は1回だけだけど、昨日の夜にも○回吐いている など
  • どんな時に吐くのか
    例:いつもよりガツガツ食べた後に吐いた
    朝起きてきた時に吐いた など
  • 吐いたのは食後どれぐらい経ってからか
    例:食べてすぐに吐いた
    食べて数時間経っていた など
  • どんなものを吐いていたのか
    例:フードが固形のまま出てきた
    液体で○色していた
    食べ物以外のものが入っていた
    血が混ざっていた
    虫を吐いた など
  • おう吐した後のネコの様子
    例:元気だった
    苦しそうにうずくまっていた など
  • おう吐以外に思い当たる症状はあるか
    例:下痢をしている
    咳をしている
    食欲がない など
  • 異物・中毒性のものを食べた可能性はあるか?
    例:ボタンで遊んでいたけど、ボタンがなくなっている
    紐で遊んでいる時に噛みちぎって食べたかもしれない など

 

吐くようになったけど心配ない場合

食べたものを吐く

勢いよくフードを食べた後に起こりやすいおう吐です。吐いた後も元気でおう吐物を食べようとするなど食欲もある状態なら心配はありません。

毛玉を吐く

毛づくろいをした時に抜け毛も一緒に飲み込んでいます。その毛を吐きだしているので心配はありません。毛玉対策用フードや毛玉除去剤を食べていないのに全く毛玉を吐かないことの方が毛玉症になってしまうので心配です。

白い泡・黄色い液体を吐く

空腹の時間が長すぎる場合に白い泡や黄色の液体を吐くことがあります。白い泡は胃液で黄色の液体は胆汁です。お腹が空きすぎて逆流してきて吐いています。ここでいつもの量をあげると勢いよく食べ過ぎて吐く原因にもなるので少量づつあげてください。また、食事と食事の間隔があきすぎていることが原因なので食事の回数を増やして食事と食事の間隔があきすぎないようにしてあげましょう。

吐くようになり危険な場合

ネコが吐く場合には上記のような心配のいらないおう吐が多いのですが、なかには病気の症状で吐いている場合があります。実はネコがおう吐する症状の病気は非常に多くあるので危険なサインが出ていたらすぐに病院に行きましょう。

特にこれまで吐いたことがなかったのに突然吐き出したという場合には病気のサインの可能性も高くなるのでしっかりとネコの様子をチェックして危険なサインは出ていないか確認してください。

何度も繰り返し吐く

おう吐が1回だけでなく何度も繰り返して吐いている場合には注意が必要です。
考えられる病気
消化器系の病気・異物誤飲・何かの中毒(痙攣を伴うこともある)・ウイルス性感染症
(慢性的におう吐・下痢がある場合)炎症性胃腸炎(IBD)

腹痛を伴うおう吐

ネコにお腹痛い?と聞くわけにもいかないので、ネコの様子を観察してください。苦しそうに丸まってうずくまっている様子が見られる場合には腹痛がある可能性があります。

吐こうとしても吐けない

吐こうとしているのに何も吐き出せていない場合やよだれがダラダラと大量に出ている場合には誤飲の可能性があります。時間がたつほど消化器へ負担がかかってダメージが大きくなるので、できるだけ早く病院に行きましょう。

吐いたものに血が混じっている

少量の血液が混じっている場合、血液は時間がたつと茶色に変色するので茶色やコーヒーのような色の場合もあります。
考えられる病気
消化器系の病気・重い潰瘍や腫瘍がある場合にはコーヒーのような色をしています。

 

スポンサーリンク

下痢・熱・けいれんを伴うおう吐

吐く以外にも下痢をしていたり、熱がある、けいれんなどの激しい症状が見られる場合には危険度が高く緊急性があるのですぐに病院に行きましょう。
考えられる病気
ウイルス性感染症・何かの中毒・除草剤や殺虫剤が毛について毛づくろいの時に舐めた可能性もあります

おう吐したもののなかに異物・虫がある

おう吐したものを確認した時に食べ物や毛玉以外のものがあることがあります。遊びに熱中しすぎておもちゃの破片を誤飲していることやゴム・紐・ボタン・コイン・ビニールなどの誤飲や虫などの場合もあります。

吐いたものが便のニオイ

おう吐したものが便のニオイがすることがあります。ネコの小腸は細いので何かが詰まってしまい大腸に食べたものが流れずに逆流している状態です。できるだけ早く病院へ行きましょう
考えられる病気
腸閉塞

水を多く飲みおしっこの量も多いおう吐

正常な時には1日に飲む水の量は体重1kgあたり50ml以下になります。
うちのネコの場合だと5.7kgあるので5.7kg×50ml=285mlとなります。この計算はドライフードを食べている場合なので、ウエットタイプのフードを食べている場合にはウエットタイプのフードに含まれている水分量を引いたものが1日に飲む水の量になります。これ以上の水を飲んでいる場合には多飲多尿の疑いがあります。
考えられる病気
腎不全・肝不全・糖尿・副腎皮質機能低下症・代謝性疾患など

おしっこが出ない場合のおう吐

食欲不振も伴っていたり、おっしこが出ていても血尿の場合があります。
考えられる病気
尿毒症・尿結石で尿道閉塞になっている・急性腎不全

ノミがいる場合のおう吐

吐くことと一緒に食欲不振や下痢を伴っています。そしてノミが寄生しています。
考えられる病気
寄生虫

特にシニア(高齢:7歳以上)ネコが吐くようになったら注意

特に7歳以上のネコがこれまで吐かなかったのに吐き出したり、何度もおう吐を繰り返している場合には気を付けてあげてください。
なかには病院に行っても原因不明な場合もあります。

この場合にはまずはネコのおう吐を止めることが先決になると思います。
食欲がある場合には回復も早いのですが、

食欲がない場合にはあまり空腹にさせすぎるのも良くないので12時間程度胃腸を休ませてからネコが好きなものをごく少量あげて2~3時間様子をみて、またごく少量与えてを6回程度繰り返したら少し長く食事の間をあけて…と言う方法を繰り返しておう吐が止まって食欲が戻るのを待つことがいいようです。

この時に柔らかく煮込んで水分の多く含んでいて、消化に優しく体を動かせすエネルギーにも素早く変わってくれるお粥を混ぜ込んでみるのもおすすめです。

病気の様子もなく、元気なのにやたらと吐くようになった場合には
エサをあげているお皿の高さをネコが前足を軽く曲げる程度で食べられる高さに変えてみるものおすすめです。

これまで吐いたことがなかったネコが突然吐き出すと大慌てしてしまいますが、
まずは飼い主として、家族として冷静に様子をチェックして危険度を見極めて病院へ行くことが大切です。

スポンサーリンク